湯の華JAPON はいい湯だった三丁目の夕日 オールウェイズ

August 24, 2006

冥王星が無くなる?3

と習った太陽系の惑星9個のうち、最後の冥王星が惑星として認められないその他の星となってしまうそうだ。何でも、サイズが余りにも小さすぎるとのこと。テレビの報道ステーションなどで分かりやすく見せてくれたが、月よりも小さいと言うではないか。聞いてみると仕方ないかな、と思った。軌道も他の惑星とはちょっとずれていて、以前、順番が、海王星と冥王星が逆になった時期があったとも記憶している。

報道では9つの惑星が8つに減ってしまうのは大変なことだと騒いでいる。インタビューを受けた人々も一様に、減ったら不都合が起きるような反応を示しているように見えた。

よく考えれば全然問題はない。むしろ良いことではないか。

僕ら地球人が、宇宙にある9つの星に適当な名前を付けて太陽系という概念を作ったのであるから、人間が減らそうと思って減らすのも、太陽系の概念を作ったのと同じくらい必要なことだ。この世に永遠に不変なものはない。これも時代の流れだと思う。僕らが冥王星を惑星扱いしなくなっても、冥王星は存在しつづけるし、無くなってしまうわけではないのだから、そんなに騒ぐこともないだろう。場合によってはまた後に追加すればよい。

これからの学生たちは、太陽系の惑星を8つだけ覚えればよいのだから、楽になるだろう。

マスメディアではこんな意見は取り上げられていないのだが、どうしたものか?マスメディアの一方的偏重報道の姿勢がこんなところにも現れている。
参考記事



paul83 at 22:24│Comments(0)TrackBack(0) 日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
湯の華JAPON はいい湯だった三丁目の夕日 オールウェイズ