June 2012

June 08, 2012

USBメモリーが読めなくなったら?

もしUSBメモリーのデータが読めなくなっても
コレがあれば復元できるよ!

ファイナルデータ 10plus 特別復元版
現在、どんな仕事をしている人でも、パソコンを使っていることだろう。僕の場合は、パソコンがないと仕事できない!

教案、スライド作り、生徒とのメール連絡、ホームページブログの更新、授業時のDVDや音楽の再生など、すべてパソコンでしている。

なので、パソコンが万が一壊れてしまったら大変なことにる。パソコンのハードディスクの中には授業のデータはもちろん、自分や生徒の個人情報が入っている。

パソコンが壊れなくても、重要なデータを誤って削除してしまうこともある。パソコン本体内のデータなら一度ゴミ箱に入るので、すぐに元に戻せるので良いのだが、たとえばデジカメのSDメモリーカードやUSBメモリーの中のデータを削除するとゴミ箱に行かずにその場で直ちに消えてしまう。このように消えたデータはウィンドウズの機能では元に戻せない!

なので、僕は常にデータのバックアップをとってるし、万が一の事態に備えてデータ復元ソフトを利用している。 バックアップ先は外付けハードディスクだが、その外付けハードディスクが壊れて大変な経験をしたことがあるので、完全には安心できない!だから、少なくともデータ復元ソフトとバックアップソフトは必須なのだ。

この動画は、データ復元ソフトの代表格、ファイナルデータ10プラス 特別復元版のPV。


実は先日、友人がUSBメモリーを開けなくなって困っていた。USBメモリーをパソコンに挿すと、「フォーマットされてません」とメッセージが表示される。

仕事の大切なデータが入っていたので彼女は途方にくれていので、僕が愛用しているデータ復元ソフト、 ファイナルデータ10+ (FD10)を紹介してあげた。手伝ってほしいというので一緒に作業してあげた。

すると簡単にデータを全部復元できたので、大喜びだ。こんなことで喜んでもらって、とても気持ちよかった。

このようなデータトラブルは誰にでも起こり得ること。人を選ばない!にもかかわらず、僕の知る限りバックアップも取らず、データ復元ソフトも利用していない人が多いみたいだ。

パソコンで作成したデータはユーザーの分身と同じであり、失くしたデータはお金では買えない。データ復元ソフトはちょっと高価だが、万が一のために一家庭に一本は常備しておきたいところだ。データトラブルが起きたら少しでも早く対処するのが鉄則!時間が経つほどデータ救出が難しくなる場合がある。

先ほどご紹介したファイナルデータ10+は、データ復元ソフトの中で最も歴史が長く、販売シェアも12年連続トップを走ってるだけあって、信頼性は抜群だ。実力ナンバーワンだと言えるだろう。

相撲賭博事件のときに力士の携帯メールデータを復元したのもこのメーカー、AOSテクノロジーズのデータ復元技術だった!僕も以前のバージョンで何度かピンチを救っていただいた。そのときは本当に心から感謝した。

ファイナルデータ10+のすごいところは、パソコンがシステムエラーにより起動しなくなっても、CD-ROMやUSBメモリーから起動して、ハードディスクの中のデータを復元できるところ。あらゆるデータトラブルに対応できるスグレモノだ

このPVは、以前のバージョンの動画だが、基本機能は同じで、より分かりやすいのでご覧あれ。 


ファイナル丸ごとバックアップ また、バックアップソフトも8000円以上の高価なものが多いのだが、ファイナルデータのシリーズ製品で僕も活用しているファイナル丸ごとバックアップは5000円を切る。それでも機能は充実していて、何よりも操作画面がシンプルで使いやすいところが気に入っている。

万が一のときに、
ファイナルデータあれば憂い無し!困ったときのファイナルデータ頼み!
転ばぬ先のファイナルデータ、転んだ後こそファイナルデータ!

ブログランキング・にほんブログ村へ データトラブルに遭ったらぜひ僕に一度ご相談ください!




paul83 at 07:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)パソコン | おすすめグッズ

June 05, 2012

ニューポート・フォーク・フェスティバル(1963)のボブ・ディラン

ニューポート・フォーク・フェスティバル(1963)の
ボブ・ディラン〜風に吹かれて/Blowin' In The Windにほんブログ村 音楽ブログへ

ボブ・ディラン-Bob Dylanは1963年のニューポート・フォーク・フェスティバルで大々的に紹介された。そのときにプロテストソング(protest songs)の代表とも言える風に吹かれて-Blowin' In The Windを歌っているが、ジョーン・バエズ-Joan Baezピーター・ポール・アンド・マリー-Peter Paul & Maryフリーダム・シンガーズ-Freedom Singersらのコーラスをバックにしてのギター1本の弾き語りは圧巻である。
 

以前このフェスティバルのCDをテープに録音して何度も聞いたものだが、そのカセットは随分前に無くなり、しばらくぶりにYouTubeの動画で楽しむことができた。(2008.11.1.当時)

現在はその動画は残念ながら削除されてみることは出来ないが、今日、アナログレコードからの音源をアップしている冒頭の動画を見つけた。

あのときの動画はどこへ?当時アップしてくれた人に感謝したい。THANK YOU! モノクロだが、若かりし日のディランはもちろん、ピート・シーガー-Pete Seegerもちらっと表れた。とても素晴らしい動画だ。また見てみたい。恐らくこのDVDに収録されていることだろう。
 

ニューポート・フォーク・フェスティバル 1963~1965 [DVD]歌詞とその他の動画

paul83 at 22:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 | 英語