October 2011

October 31, 2011

原発労働者の内、百名以上が行方不明だということ

ミクシィ、言わずとも知れた日本を代表するソーシャルメディアで、福島原発事故と当初問題になった、100人以上が行方不明でどれだけの被バクをしているか分からないことについて真実を語る日記であった。

この日記を書いた者は少し経ってIDが消滅した。強制退会されたという意見も多いが、意図的に自分から退会したことを否定できるような要素もない。

この行方不明100名以上の問題についてはテレビでもすでに報道されている。

20110810 原発作業員143人“所在不明” 投稿者 PMG5
この動画では東電の労働者動員と管理のずさんさを批判している。が、これよりも重要なのは、その人々が生きているかどうかということだ。

そういう疑念を抱かせる日記がミクシィで投稿され、そのユーザーが退会した。その日記をミクシィから転載する。

--------------------------------------------------------------------------------------------
緊急のお知らせ
▼ 2011/10/30 18:15
皆様
長らくログインできずにおりまして、大変ご心配おかけし深くお詫び申し上げます。

早速ですが、本題に入ります。

東京電力は、福島第一原発で作業員百数名が行方不明となっていると報告していますが、あれは嘘です。

実際は、放射性物質の廃棄に伴って強い放射線に曝され、心筋異常を起こしてしまい命を落としています。また、その方々は福島県立医科大学に『放射線障害研究用検体』として徹底的に管理されています。

もちろん、一企業が作業員を殺したとなれば大問題となる。だからといって作業員の数が減ったことを隠す訳にはいかない。その狭間で出された結論が『行方不明者多数』というものです。

行方不明と処理された作業員の家族には、莫大な額のいわば口止め料が支払われています。そのために公言する方がいないのです。これは一種の脅しだと思います。

私もこれをミクシィで発言するべきなのか考えました。しかし、事実をお知らせするのも私の役目であると考えました。

この日記は、多分に即刻削除されると思います。また、転載をされますとその方にも何らかの制約がかかるものと思います。

しかし、情報統制に屈し真実を隠してしまっても状況は良くなりません。

以降も更新は続けますが、暗揄的な表現が多くなるかもしれません。その場合は私にメッセージいただければ、より深くご説明させていただきます。

では。
--------------------------------------------------------------------------------------------


 この日記の内容、誰が完璧に否定できるあろうか。信じるには余りにもひどすぎる。このブログが問題になって僕のID削除など、憂き目に遭ったとしたら、これは真実だと言うことだ。もし何もなくこのブログが未来永劫残っていれば、きっと杞憂に過ぎなかったと言うことになるであろう。この記事にご注目していただきたいと思う。もう既に日記の主は退会し、それを述べたコミュニティは生きているという状況なのだ。


paul83 at 02:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)原子力発電 | 社会問題

October 21, 2011

本好きには耳寄りな情報!

成功しているビジネスマンは当然ながら本を読むことが好きな人が多いようだ。
 
そして、読んだ本の感想をメルマガやブログなどで紹介して、アフィリエイト収入を得ている著名人もたくさんいると思われる。
 
書籍のアフィリエイトで思い浮かぶのは、やっぱり「アマゾン」と「楽天ブックス」といったところ。
 
そのアフィリエイトの料率は、アマゾンでは1%〜8%(javari 適格商品で10%)、楽天ブックスでは最大2%。ただ、クッキーの有効期間長いので、その間に高額商品が売れて、高い報酬を得ることもある。いずれにせよあまり高くない料率だ。
 
そこで、今回注目すべきなのが【電子書籍販売のパブックス】というサイト!10月25日本格オープン
 
 
紙媒体の本ではなく電子書籍の販売サイトなのだが、ipadなどのタブレット端末の今後の普及を考えると間違いなく電子書籍の方が主流になってくる時代が来るだろう。
 
【パブックス】でのアフィリエイトの特徴
 
 1.アフィリエイトの料率が高い。
 
 2.バックエンドでも報酬を得ることが出来る。
 
アフィリエイトの料率については安いものでも10%ぐらいあるし、30%のものもかなりたくさんある。他に比べるとかなり高額!電子書籍のコストを考えれば、当然と言えば当然なのだが・・・。
 
今後の書籍業界の流れを考えれば、チェックしておいても損はないだろう。
 

あと、『バックエンドでも報酬を得ることが出来る』という意味について以下に説明するなら。。。。
 
ビジネス本などを購入した時によくあることだが、購入者特典として「著者が実施するセミナーを半額で受講できる」という特典が付いていたりする。
 
この場合、ビジネス本「フロントエンド」商品、セミナー受講「バックエンド」商品ということになる。つまり、あなたの紹介でビジネス本を購入した人がセミナー受講まで申し込んだとすると、ビジネス本分のアフィリエイト報酬だけではなく、セミナー受講金額に対してのアフィリエイト報酬も得ることができるわけだ。
 
例えば、あなたが1,000円の本を紹介し、そのビスネス本を購入した人が、バックエンドの5,000円のセミナー受講も申し込んだとしよう。料率が、フロントもバックも30%だったとすると、

300円+1,500円=1,800円 
 
つまり、フロントの1,000円のビジネス本を紹介するだけで、1,800円のアフィリエイト報酬を得ることもあるということ。
 
自分が読んで感銘を受けた本を紹介して、その本を購入した人に喜んでもらって上に、さらに高額なアフィリエイト報酬までいただけるなんて、こんな幸せなことはないだろう。
 
ただ、読んでもいないのに、さも読んだかのように書評を書いて紹介するのは信用を失うだけ。絶対にしない方がいいよ!

 
 


paul83 at 08:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)おすすめグッズ | パソコン

October 10, 2011

韓国ドラマ「スパイ名月(ミョンウォル)」

韓国で1ヶ月以上滞在した。その間の7月に新たに始まった韓国KBSのドラマに「スパイ名月(ミョンウォル)/스파이 명월」というのがある。

これは北朝鮮の女スパイ、ハン・ミョンウォル/한명월(ハン・イェスル/한예슬)と韓国のスーパースター、カン・ウー(エリック/에릭〜神話/シンファ/신화)のラブ・ストーリー。

北朝鮮のスパイ、ミョンウォル/명월はやはり韓国での活動中に殺害されたスパイの娘。父親のように祖国に忠誠を尽くすスパイになることを夢見てこの道に入った純情な娘。

韓国のスーパースター、カン・ウー/강우と結婚して合意の上で北朝鮮に亡命すると言うミッションを遂行するために奮闘しながら、本当の愛に目覚めてしまうという展開。

何よりも面白いのが、北朝鮮でスパイとしての英才教育を受けて育ったミョンウォル/명월がことばや服装、髪型を変えて韓国社会に馴染んでいくプロセスだ。また、韓国内で北朝鮮のスパイグループが、家の中ならまだしも、ソウルの街角で堂々と仕事の話をしていること。もしかしたら現実にこんなことがあるのだろうか?ともかく、彼らどうしの会話は北朝鮮ことば。ちょっと不自然に聞こえるが、そこがまた面白い。

コンセプト的には映画「シュリ/슈리」のパロディといった感じか。

このドラマ、主演のハン・イェスル/한예슬が撮影の厳しさに挫折し、途中で投げ出してアメリカへ逃げてしまい、一話放送が遅れたというエピソードもあるいわく付きのドラマ。韓国ではまったく視聴率を稼げなかったということで、話題作りのためのヤラセではないかと当時は思ったものだ。案の定18話で終了してしまった。裏番組にMBCの、日本で現在放映中の「イ・サン/이산」の主演の、ご存知イ・ソジン/이서진主演の「ケベク/계백」という豪華キャストで百済最後の王様を描いた時代劇があったとのも原因のひとつだ。僕も途中からこちらに切り替えた。なぜならKBSは後に日本でも無料で視聴できるからだ。(MBCは有料)

スパイ名月/스파이 명월、面白いのは確かだ。音楽もなかなか良い。日本の朝日TVでも今月から放映されるとの記事を見たが、実際どうなのだろう?日本で放映されることを切に願う。にほんブログ村 その他日記ブログ 気まぐれへにほんブログ村

第一話の印象的なシーン

リナ・パーク(パク・ジョンヒョン/박정현)が歌う切ないテーマソング

シュリ [DVD]

paul83 at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Korean | 音楽

October 01, 2011

なぞなぞ英語出版9周年!

 


2002年9月30日に出版させて頂いた拙著、「なぞなぞ英語」、昨日9歳の誕生日を迎えました。

読者の皆様、ご愛読ありがとうございました。感想などお聞かせいただければうれしいです。

引き続き来年の10周年を目指し、英語のなぞなぞ研究により一層意欲的に携わっていこうと思ってます。よろしくお願いします。 

5周年時の記事

にほんブログ村 その他日記ブログ 気まぐれへ
にほんブログ村

paul83 at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)英語 | おすすめグッズ