January 2011

January 29, 2011

寒いときはこの歌でカリフォルニアを夢見よう!5

寒い。冬だから当たり前だけど、寒い。

東京周辺は雪が降らないだけまだまし。日本国内には大雪で大変な地域も多いようだ。

こんなときはママス・アンド・パパスの「夢のカリフォルニア」という歌をおすすめします。男二人、女二人編成のグループでハーモニーが美しく、どことなくトロピカルな雰囲気がいい。

この歌、実はアメリカでも寒い地域の人が温かいカリフォルニアを夢見ている歌。
歌詞
詳細はこちらへ↓
和訳・動画

この歌、歌詞も簡単で、英語学習にも向いてます。

paul83 at 10:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)英語とポップス | 音楽

January 25, 2011

青色申告、ソフトを使えばとても簡単!5

僕は現在個人事業主のステータスで語学学校・研究所を運営しているが、毎年この時期になると確定申告が憂鬱。まだ青色申告をしていないので、今年度は青色申告できるように税務署に申告して財務を行いたいと思っている。

僕はこれから前年度の決算書を作成しないといけないが、パソコンソフトを使うととても簡単だ。

「青色申告」と名の付くソフトはいくつかあるが、シェアナンバーワンのやよいの青色申告 11が良いようだ。使いやすいから売れているのだろうが、なんといってもみんなが使っているから、税務署の人や会計士さんにも相談がしやすいのが魅力。

皆藤愛子主演のやよいシリーズのプロモ動画が面白い。2編をご紹介。

その1 パン屋経営者編



その2 デザイン事務所編


まだ確定申告を手書きでやっている個人事業主の皆さん、今回からパソコンでサクッとやっちゃいませんか?



他社の青色申告ソフト



paul83 at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(2)パソコン | おすすめグッズ

January 24, 2011

なぞなぞ英語、アマゾンジャパンに在庫がある!5

以前も紹介した僕が書いた出版物、「なぞなぞ英語」(2002年9月 NOVA BOOKS刊)の在庫、ここ数年アマゾンジャパンでは「出品者から購入できます」の状態だった。さすがに発売から9年近く経つので仕方ないと思っていたのだが、最近アクセスしてみたらなんと!在庫があるではありませんか!驚きです。をクリックして確認してね!)


ところで出版元のNOVA BOOKS、どうなったんだろう?英会話のNOVAは学習塾の会社が運営を引き継いでいるのは分かるのだが、出版業も引き継いでいるのだろうか?

せっかく在庫が発生したのだから、今後も電子書籍として生き永らえたら良いのに、と思う。どこかの出版社が、僕に新たな増補版を出版させてくれたらいいのにな〜。

ここで一部のなぞなぞを紹介してます。ご覧ください。

paul83 at 01:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)英語 | 日記

January 23, 2011

激レア アイテムの海外版「キタキツネ物語」

僕の愛するゴダイゴが音楽を担当したサンリオのドキュメンタリー映画、「キタキツネ物語(THE FOX)」(1978年)。この映画は日本国内での大ヒットにとどまらず、世界へ飛び出した。同時にゴダイゴの音楽も飛び出したのだ。ドラマ西遊記がイギリスでも「MONKEY」として人気を博して世界的ヒットを成し遂げる前にゴダイゴの音楽が最初に世界に飛び出したのがこの映画とサウンドトラックだったのではないだろうか?

「キタキツネ物語」の挿入歌は全て日本語だが、ゴダイゴ特有の作曲方法、英語の詩に曲を付けて完成したあとに歌詞を日本語に訳すという定石どおりに作られた。しかし、残念ながら当時のゴダイゴによる英語バージョンは存在していない。(一部テレビやFMラジオでライブ演奏されたことはある)

海外で公開されたバージョン(英語タイトル "The Glacier Fox")では全ての曲を外国人が英語で歌っている。演奏も違ってる。(この映画が「西遊記」よりあとに作られていたらきっとゴダイゴのバージョンが聞けただろうな〜)昔、テレビで放映されたとき、音声多重放送で副音声では英語版を流していた。当時その副音声で挿入曲の英語バージョンをラジカセで録音したものだった。

その海外版の英語曲がなかなかみつからない。YOUTUBEで唯一見つけたのが、テーマソングの「赤い狩人」。日本でも町田義人によって大ヒットしたので、おなじみの曲だと思う。




そんな中、「キタキツネ物語」のサウンドトラックが新たに登場した。(↑真中)そこには正規版(↑左)ではボーカルが他の歌手になってしまった朱里エイコのバージョンが収録されているほか、タケカワユキヒデの(おそらくは)英語によるデモテープ音源が収録されている二枚組だ。このアルバムを買うとオリジナルの英語歌詞が全て分かるのだろう。

それにしてもこの映画、海外版のDVDやサウンドトラック、入手できないものだろうか。持っている人は連絡ください!



paul83 at 09:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゴダイゴGODIEGO | 音楽

「イケメン(美男)ですね」の愛のテーマはこの歌でしょう―「ことばもなく―말도 없이」5

韓国ドラマ「イケメン(美男)ですね―미남이시네요」,前にも書きましたが、大好きです。去年見たドラマの中で最高でした。今もときどきまた見てますが、今年はどうでしょうか?サントラを全部聞いて楽しんだあとの視聴なので、前回とはまた違った楽しみ方ができてます。

ドラマに登場する歌で、最も印象的なのは、「ことばもなく-말도 없이」。この歌はサントラ2枚の中に、オリジナル歌手(9th Street)パク・シネ(박신혜)版、チャン・グンソク(장근석)版、そしてインストゥルメンタル版と、4バージョンが収録されている

この歌はドラマ中で、テギョンの曲をミナムがソロで歌うという重要な歌。ボーカルものではそれぞれに味があって良いが、僕はパク・シネ(박신혜)が唄う「ミナム・バージョン」が好きだ。唄い方がとても切ないのだ。唄ってる場面を思い浮かべると涙さえ出てくる。



人気があるのは、チャン・グンソク(장근석)が唄うテギョンバージョン。女性ファンにはたまらないだろうことは理解できる。


オリジナルの9th Streetのバージョンはこちら。こっちが本元。



この3つのバージョン、あなたはどれが気に入りましたか?

ちなみにヤフオクでこの曲が入っているサントラ買えるよ。
チャン・グンソク版のみPart IIに、あとは最初の方に収録されている。
ヤフオク Part II―チャン・グンソク版と前に紹介した「どうすればいいの」はこちらです。
ヤフオク Part I ―全体のはずせない曲ならこちらです。




paul83 at 00:35|PermalinkComments(0)TrackBack(1)Korean | 音楽

January 22, 2011

「イケメン(美男)ですね」の切ない挿入歌

今昼間にフジテレビで放映されている韓国ドラマ、「イケメン(美男)ですね」(미남이시에요)は主演の人気俳優チャン・グンソク(장근석)とパク・シネ(박신혜)のコメディタッチのラブ・ドラマ。K-POP人気アイドルバンドのお話なのでノリノリのポップ・ソングとラブ・バラードが満載。サントラもPart 2まで発売された。

去年初めて同じ時間帯で放映され、今回2度目の放送。僕はこのドラマに結構ハマったので、今回も喜んで、見れるときだけでも見ている。

サウンドトラックも二枚とも聞いているが、その中で一際切ないバラードがある。「どうすればいいの」(어떡하죠)という女性ボーカルで、ドラマのストーリーを知って聞くとより一層悲しい歌だ。


このビデオ、確かにチャン・グンソクとパク・シネだが、何だか若いし、イチャイチャしすぎで、歌の良さが伝わらない!別の共演ドラマなのか?

とにかく、歌は良いので、聴いてみてください。

ちなみにヤフオクでこの曲が入っているサントラ買えるよ。
Part II にこの歌は収録されてるよ。
ヤフオク Part II
ヤフオク Part I ―こちらはこの歌は入ってないけど、やはり本元なので、はずせない曲ばかり。




paul83 at 01:11|PermalinkComments(0)TrackBack(1)音楽 | Korean

January 18, 2011

スティービー・ワンダーの「ハッピー・バースデー」

Hotter than July by Stevie Wonder1月15日は’60年代アメリカ公民権運動の指導者、マーチン・ルーサー・キング・ジュニア(Martin Luther King Jr. MLK)牧師の誕生日だった。公民権運動とこの牧師についてはこちらを。アメリカで昨日(1月の第三月曜日)は彼の誕生日を記念する祝日だったのだ。

1968年に牧師は暗殺された。その4年後に、MLKの誕生日を祭日にしようという運動が黒人達を中心に繰り広げられ、14年後にようやく国家的な祝日に制定されたのだ!(制定25周年!)

これと関連して、スティービー・ワンダー”Happy Birthday”という曲がある。この歌は、MLK Day 制定を求めてスティービーが1980年にアルバム"HOTTER THAN JULY" にて発表し、イギリスではシングルカットされ、ヒットした曲。MLK制定運動のテーマソングのように唄われ、大きな役割を果たしたであろうことは容易に想像できる。

この歌が最近日本のテレビのバラエティ番組などで単なる誕生日を祝う歌としてサビのところを中心にしょっちゅう流されるようになってきた。それはとても良いことなのだが、アメリカでのこの MLK Day 週末に本当の意味を反映して日本のテレビでこの曲が流されたことが一度でもあったのだろうか?

この歌の終盤にはスティービーが語りで、この日を祝日にすることを望むメッセージを述べている。興味ある方はぜひアルバムを買うかダウンロード購入して聞いて見て欲しい。

歌詞 ←なんとここで曲が聞けるよ!ページ上部のプレーヤーを再生してみて!YOUTUBEは下にあるよ。






paul83 at 09:34|PermalinkComments(0)TrackBack(1)音楽 | 英語

January 17, 2011

英語スピーチコンテスト東日本ブロック大会に入賞しました!5

IMG_4343trimmed

去る1月10日、僕が英語を教えている中学生が、第33回全国ジュニア英語スピーチコンテスト東日本ブロック大会(大宮ソニックシティ)に出場して、奨励賞を受賞した。コンテストには北は東北から、南は新潟あたりまでの広範囲から小学生30人、中学生14人が出場した。

僕が教えている生徒の中で小学生一人がレシテーションに、中学生一人がスピーチに出場した。

昨年は小学生の部に一人出場させて残念ながら入賞を逃したが、今回は中学生スピーチに出場したリ君が見事なスピーチをしてくれた。何度も練習を指導したが、本番が一番よくできたと思う。(2箇所ほどつっかえたのはご愛嬌)

タイトルは”My School and My Mother Tongue"リ君は名前からも分かるように在日コリアンで、西東京エリアの民族学校の生徒だ。彼が自分の学校と母国語について語った。

世宗大王によって作られたオリジナルで分かりやすい文字、ハングルのこと、植民地になって母国語が奪われたこと、今も心ない日本人による差別が残っていること、そして最後は日・韓・英語という三ヶ国語を学んでいるメリットを生かして、日本と朝鮮半島の間、アジア、世界での平和に貢献できる人物になりたいという抱負を語った。

このコンテストでは最優秀賞を一人、優秀賞を三人が受賞して2月6日に行われる全国決勝大会に出場することとなった。

リ君が受賞した奨励賞はその次のランクの賞で、他に二人が受賞した。審査員の講評で「リ君」と名指しで、「本当にもう少しだった」と残念がられた。それが余計にリ君の悔しさを倍増させたようで、彼は2月11日に予定されている全国の朝鮮学校生徒達の代表が競う英語スピーチコンテストに出場して雪辱を晴らすこととなった。

僕としては次回に小学か中学のどちらかで全国決勝大会への進出を目指す!

関連記事1 関連記事2


昨年の記事
ポールPAULのモノローグMONOLOG:第32回全国ジュニアスピーチコンテスト 関東地区大会に行ってきました!


paul83 at 13:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)英語 | 日記

January 05, 2011

仕事始めの英語ことわざ5

明けましておめでとうございます!

HAPPY NEW YEAR!

もう仕事始め(resuming work after the new year's vacation.)ですね。

久しぶりにこの時期にピッタリの英語のことわざをご紹介します。

Well begun is half done.

訳:始めよければ半ば成功

ものごとは全て始めが肝心で、はじめにしっかり土台を作っておくと後はやりやすいので、半分は出来上がった、終わったも同然という見方。

元旦には新年の決心を新たになさいましたか?
このことわざどおり、スタートダッシュが順調になるように頑張りましょう。
     ____
     ( __)
    (___)_
   └□――□┘
  ■|  ◇  |■
◇ u――u

 

英語のことわざを貴方の携帯まで毎日お届けしてます!

 

メルマガ登録・解除


読者登録規約

このことわざの日本語版と類句こちらを参照してね!

注:このことわざ紹介は


kotowaza-jiten


日・朝・英語ことわざ小事典」 からです。



paul83 at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)英語のことわざ | 英語