June 2008

June 29, 2008

石川さゆりと能登半島5

70年代初めのホリプロ3人娘というのは山口百恵森昌子ともう一人はだれでしょう? 答えは、石川さゆりです。 

最初はこの3人を3人娘として売り出したのだが、石川がヒットに恵まれなかったのでいつの間にやら桜田純子と入れ替わり、スタ誕3人娘と呼ばれたそうだ。 これは石川さゆり自身がコンサートで言ったことだから本当なのだろう。

石川さゆりは14歳のときに「かくれんぼ」というシングルでデビュー。山口と同期・同年齢だった。でもヒットに恵まれなかった。5年目、15枚目のシングルとしてヒットしたのが「津軽海峡冬景色」。こちらは知らない人はいない程に演歌のスタンダードと化した。1977年日本レコード大賞「歌唱賞」を受賞し、NHKの紅白歌合戦にも初出場。この歌を作詞した故・阿久悠さんは大喜びで、石川に言ったそうだ。「次は故郷に錦を飾れる歌を作ってあげるからな!」と。それでもらった歌詞のタイトルが「能登半島」石川さゆり言は「これは違う」と心で思いながらも、何も言えずに一生懸命練習しての連続ヒット。彼女いわく、私の故郷を石川県と間違えたのではないか、とさ。 彼女の故郷、熊本県の歌は翌年の「火の国へ」まで待つこととなった。

現在石川さゆりは、「石川さゆり物語」と題して、自身の歴史を物語として語りながらヒット曲を年代順に歌うスタイルでコンサート活動中!「かくれんぼ」など初期の不遇時代のシングル曲もメドレーで聞けます。もちろん、最新ヒットの「肥後の盆唄」も聞けます。

石川さゆり@アマゾン



paul83 at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)音楽 | おすすめグッズ

June 26, 2008

英語とポップスち畍発音その1(ビートルズ)

英語のポップスが英語教材として優れているのは、第三に、歌う練習をすると必然的に難しい発音にチャレンジするし、早口の歌詞も完璧に言ってみたくなるので、モチベーションが高い発音の練習にもなる。

発音できない音は聞き取れないと言われるので、発音が改善されるほどにより深い聞き取りができるようになる。

早口といえば真っ先に「ラップ」が思いつくが、ラップはちょっと早すぎだし、黒人スラングも多いで、止めたほうが良い。

私は高校時代にビートルズの歌をいつも聞いて一緒に歌詞を見ながら歌っていたのだが、難しい早口の歌詞がある曲を挙げるとしたら次の3曲だと思う。 

1. I Am The Walrus
2. Helter Skelter
3. Happiness Is A Warm Gun


これらの曲を上手に歌えると、とても気持ち良いのだ。僕はこの練習で自分の発音をかなり改善できたと思う。歌詞のリンクと動画を紹介するのでチャレンジしてみて欲しい。

1.は<僕はセイウチ>だという、歌詞が難解で何を言いたいのか良くわからないが、面白おかしい内容なのだろう。「マジカル・ミステリー・ツアー」のサウンドトラックに使われたJohn Lennonの作品。歌の冒頭から「僕は彼で君が僕で…」などという歌詞がリズミカルに出てくる。

Corporation tee-shirt, stupid bloody Tuesday.
Man, you been a naughty boy, you let your face grow long.

この部分が難しい。特にStupid bloody Tuesday が言い難い。
I AM THE WALRUS 歌詞



2.は「ホワイト・アルバム」収録のポール・マッカートニーによるヘビメタサウンド。短めのイントロからすぐに早口の歌詞が続く。ちょっとうるさいので、ヘビメタが好きじゃなければスキップしてください。
HELTER SKELTER 歌詞


3.も「ホワイト・アルバム」収録で、組曲のような構成のJohn Lennonの曲。スローなイントロ・パートの歌詞に続く3行目から始まる部分が歌い難い。

She's well acquainted with the touch of the velvet hand
Like a lizard on a window pane
The man in the crowd with the multicoloured mirrors
On his hobnail boots
Lying with his eyes while his hands are busy
Working overtime
A soap impression of his wife which he ate
And donated to the National Trust


僕はこの部分が特に好き。歌うと快感です!

HAPPINESS IS A WARM GUN 歌詞

最後に思い出したのだが、サージェント・ペッパー収録の"Good Moring Good Morning" などもっと早口な歌がある。次回その2で紹介しよう。



paul83 at 19:45|PermalinkComments(1)TrackBack(2)英語とポップス | 音楽

June 25, 2008

英語とポップス1儻譴離螢坤爐肇▲セント5

英語のポップスで英語のリズムを体感できる。歌はリズムメロディそして歌詞で構成されているので、歌詞を見ながらでも一緒に何度も歌っていれば自然に正しい英語のリズムを体得できる。

歌というのはリズムとメロディ。たとえ音痴で歌を歌うのが嫌いな人でもメロディを無視してリズムだけ練習してみると、これはもうラップになる。今やラップも市民権を得てきたので、あえてラップ調で歌ってみるのも面白いし役に立つ。

日本語は高低アクセントで、声の調子を上げるか下げるかで指すものが変わる。「はし」も、太字を高い声で言うとして、 といえば食卓で使う「」を表し、 といえば川にかかる「」か、はしっこという意味の「」になる。地方によっても変わる場合がある。これは少なからず曲の歌詞に影響を与えているのではないだろうか。

英語の場合は強弱アクセントなので、必ず単語のアクセントがあるところが、歌でも強調部分となる。

例えば present を「贈り物」または「出席している」という意味では present とイタリック部分にアクセントを置くが、後ろにアクセントを置いて、present と言うと、動詞として「贈る・提出する」という動詞になる。このようにアクセントの位置で品詞が変わってしまうことがある。また、音声が似ている単語で、agree は「同意する」という意味で後ろにアクセントを置くが、もし前にアクセントを置いて agree と発音してしまうと、ugly (醜い)と誤解される恐れがある。これほどに英語においてアクセントは大事なのだ。

歌詞の中で強調する単語はやはり文の意味を理解するためのキーワード。

英語で話すときには日本語とは違い、腹式呼吸で話すのがとても大事。ポップス(英語の歌)のリズムは実際に話すときのリズムとほぼ同じ。ポップスを一緒に歌いながら練習するのは腹式呼吸の練習もピッタリである。

Michael Jackson の名曲、HEAL THE WORLD  (Dangerous に収録)は静かながらも早口でリズミカル。一緒に歌えるか試してみてね。
歌詞




paul83 at 10:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 | 英語とポップス

June 21, 2008

英語とポップス5

英語のポップスは絶好のリスニング教材である。楽しくリスニングができる。好きな歌であれば集中して何度も繰り返し聞いてもそんなに苦ではない。たとえ演奏がうるさくてボーカルが聞き取りにくいとしても、かえってその困難な状況が英語耳を鍛えることになる。

邪魔な音が無くても興味の無いニュースの音を聞き続けるのは、ある程度聞けるようになっても疲れるものだ。ポップスの英語とニュースの英語を同列に扱うことはできないし、使用される語彙やトピックもかなり違っているが、たくさん聞くという面で考えればポップスの英語がより訓練しやすいと言えるだろう。

好きな歌があればまずはそのまま聞いて、聞き取れる単語を頼りに内容を推測する。何度か聞いてみて歌詞を見る。すると、いくつかの発見があり、一度歌詞を見て、意味を大体で良いので理解したあとは歌詞無しで聞いても大抵はその英語を理解できる。

「好きこそものの上手なれ」ということで、英語の歌が好きなら何時間でも集中してしまうもの。
[ちなみにこれに相当する英語のことわざは、Who likes not his business, his business likes not him. (仕事が嫌いな人は、仕事の方もその人を好かない)と、否定の表現なのが興味深いですね。]

楽しく行なう作業は脳内ホルモンを作り出し、高い集中力で効率の良い学習になることに間違いない。この点は、映画が好きなら映画、読書が好きなら読書、ジョークが好きならジョーク、とそれぞれどんな分野でも当てはまる。もちろん、文法の研究が大好きな人は文法学習を楽しめばよい。

今回はリスニングに焦点を当てているが、Pal McCartney Elton JohnWham!など英国人歌手とElvis PresleyBob Dylan などアメリカ人歌手とは使う語彙、表現、そして発音も違うので、目的に応じて違いを聞き分けるのも面白い。

リスニングにオススメは何と言ってもやはりCarpenters。カレンの発音はとてもきれいです。中学・高校英語の基礎復習に持って来いなのが名曲Yesterday Once More (イエスタデイ・ワンス・モア)。ぜひ実際に練習してみてください。このYOUTUBEの動画には歌詞が出てきます。

Yesterday Once More by the Carpenters

歌詞はこちら



paul83 at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)英語とポップス | 音楽

June 20, 2008

英語とポップス

僕は英語の歌が好きだ。僕の英語学習の中で英語の歌はとても重要な役割を果たしてきた。 

英語の歌はとてもすばらしい教材だと思う。思春期以降の中学生以上の人にとっては子供向けの英語の歌よりも、ビートルズカーペンターズのような人気の高い洋楽ポップスの方がより効果的だ。何よりも今はテレビCMで昔流行った洋楽がしょっちゅう流れている。これらをその都度その歌のCDと歌詞を入手し、歌詞の意味を調べれば英語学習になってしまう。有名な楽曲の歌詞は簡単にインターネットで見つけることができる。

僕が中学高校で英語を教えたとき、ビートルズカーペンターズなどの歌をたくさん教えて、毎時間一曲歌うことから授業を始めたものだ。中学・高校生がそのときどきに学んでいる文法項目が歌詞に含まれた曲を選択し、歌を通して文法を理解させるように心がけた。

そういう意味で、英語のポップスがどんなに素晴らしい教材なのか、何回かに分けて記事を書いていきたいと思う。

Beatles"Hello Goodbye"は中一の最初に教えられるほどシンプルで楽しい曲。"You say ...","I don't Know"など、一般動詞の肯定・否定表現も慣らすことができる。中3「疑問詞節」の学習にも活かした。

歌詞



paul83 at 08:15|PermalinkComments(1)TrackBack(1)音楽 | 英語とポップス

June 19, 2008

川口駅前の美声・癒しのシンガー潮崎ひろの!5

潮崎ひろの

昨晩(水曜日)埼玉県・京浜東北線の川口駅前で夜10時近くに一人の若い女性シンガーがキーボード弾き語りでストリートライブを行っていた。軽めの伴奏が引き立てる美しい声と、静かでスローなテンポが僕の耳を惹きつけた。彼女の歌声を聞いていると不思議なことに、なんだか時間の流れがとてもゆっくりに感じられる。彼女の優しい癒やしの世界にトリップしてしまう。

彼女の名前は潮崎ひろの(写真)ルックスも結構いけてる。埼玉県出身。すでに一枚ミニアルバムを発表している。タイトルは「GREEN」。去年春の発売から手売りのみで1000枚を販売した。従って、街中のCDショップにもアマゾンにも彼女のアルバムは無い。

次に歌った「満天の星」は親しみやすくとても気に入った。あなたもわたしも誰もが夜空に輝く星のように光り輝いているという歌詞で、軽く明るく、しかしゆっくりと誰も焦らせることなく流れて、聞く人を引き込んでいく。メッセージはあのジョン・レノン「インスタント・カーマ」に似ているかな。

ここ数日川口駅前で2時間くらいライブを行なっているみたい。でも僕が聞いたときには4人の男性しか聞いていなかった。ちょっとさびしい。

8月7日にセカンドアルバムが出るそうだ。その日には南青山のMANDALAにて発売記念ライブもある。意外に売れる感じがする。lこちらも手売り販売だけなのだろうか?気になるところだ。
公式サイト
ワンマン特設ブログ



paul83 at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 | 日記

June 14, 2008

韓国の英語村 ENGLISH VILLAGE5

8d6fa451.JPG海外へ行かなくても国内で英語しか使えない環境があればどんなに英語学習の助けになるだろう。海外留学と同じ環境が国内にあればどんなに良いだろう、と思ったことが、英語を勉強しようと思い立った人なら誰でも一度は思ったことがあると思う。

韓国にはENGLISH VILLAGE がある。ここでは英語しか使ってはいけない。100人のネイティブスピーカー講師と70人の韓国人スタッフが働いており、みんな英語で話す。

広い敷地内は大学のキャンパスのようで、レストランもあれば学生用の食堂もあり、書店に図書館、教室に劇場と何でもある(偽物も含めて)

ここは小中学生ら子供たちに国内で留学体験をさせるための施設。常設されている宿泊プログラムは、予約がいつも一杯で、参加者は抽選で選ばれるそうだ。韓国内でまずは首都ソウルの北側に接する京畿道の道知事が発案して実現させそうだが、その後に続けと、ソウルはもちろん、今や全羅道や済州道にもできてるようだ。 

今回は京畿道のパジュにある「パジュキャンプ」に行ってきた。ソウル市内のキャンプに行きたかったのだが、一般の見学はかなり制限されていて、月に一回予約をして受け付けているだけということであきらめた。 パジュキャンプはソウルとは違い、当日予約なしで訪れても安い入場料で中に入ることができ、劇場でのパフォーマンスなどを楽しむことができる。外国人でも子供であれば、当日の無料プログラムに参加できるし、有料の授業にも参加できるようだ。歩き回りながら入口で配っている問題を解いて提出すれば実力診断もしてくれる。

今回は中を散策してレストランで食事をしただけであったが、子供たちの姿を見ることができて楽しめた。

入口から入ろうとすると、子供たちの集団が「出国」手続きしている最中だった。子供たちは入場する前に専用のパスポートを受け取り、「入国審査」を経て入場し、全ての学習過程が終わると「出国審査」を終えて出てくるのだ。 そのゲートには飛行機の離着陸情報の電光掲示板があり、擬似海外旅行をリアルに演出していた。 もちろん、これらの審査も英語で行なわれる。

中ではマジックショウを楽しむ子供たちや、英語劇をビデオカメラで撮影しているグループがあちらこちらで一生懸命に作業をしていた。

中にあるレストランは本物で、ちゃんとした料理が出てくる。 ここでも英語で店員さんとのやりとりを練習するのだろう。書店もあり、そこには色々な英米輸入品の英語教材やペーパーバックが所狭しと並んでいる。書籍専門の2階には店員さんが一人もおらず、万引きは大丈夫なのかと心配になってしまった。

郵便局や警察署などもあるのだが、ロールプレー専門である。郵便局の扉を開けると、授業で使われていなかったので中が暗かったのだが、人が出てきたので、「Can I send EMS from here? (ここからEMSを送れますか)」と冗談のつもりで聞いてみたら、英語でここはロールプレイ専用の施設なのでできません、と英語で真面目に答えられてしまった。

ここでは4週間プログラム、夏休み集中プログラム、一泊二日週末プログラムなど比較的安い値段で、宿泊しながら留学に近い英語学習を提供している。道や市が運営する公共施設なため、地元の子供たちが安く、外部の子供たちは割高だ。道や市が費用の半分を補ってくれる。ただ、自治体は赤字で悩んでいるそうだ。

1990年代初めから学校で小学生英語を実施している韓国だが、このような英語教育に対する探究心には感心する。日本でもこんな施設があればどんなに良いだろうか。

そう言えば日本にも福島県にブリティッシュ・ヒルズ という似たような施設がある。こちらは小学生クラス、中学生・高校生クラス、等、2泊3日で50,000円前後、5泊6日で10万円強でイングリッシュキャンプを実施するそうだ。

ちなみに、全国展開している小中学生向け英語教室のステップワールドの生徒(小5〜中3)には3泊4日で7万円ほどの特別プログラム(30名で締め切り)が用意されている。

日本政府・文部科学省も小学生英語をむやみに持ち出し、方針をコロコロ変えて学校の先生たちを混乱させるよりは、このような施設により多くの支援をする方がよっぽど良いと思うのだが。

paul83 at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)英語 | Korean

June 08, 2008

技術翻訳に最適の「なるほどライティング」5

最近技術翻訳で優れた本を見つけた。 これまでいくつか技術翻訳の本を読んで、大まかにポイントを捉えることはできたのだが、この「英文ライティング」の本がこんなに日本語を英語に翻訳するのに役立つとは思っていなかった。そう言えば、学校で「英作文」といえば和文英訳だったね。

それは「英語「なるほど!」ライティング―通じる英文への15ステップ」だ。 著者は遠田和子さんと岩渕デボラさんの共著。英語らしい作文〜なるべく少ない語数で多くのことを表現する〜を典型的なパターンを通して実際に演習をしながら身につけていく手法を体得することができる。

例えばよく公衆トイレで見かける「トイレットペーパー以外は流さないでください」をそのまま訳すと次のようになる。

Please do not flush anything other than toilet paper.

そのまま訳しているが、これだと丸でトイレットペーパー以外のモノを持ち帰らないといけないような響きを持ってしまう。

英語らしく訳すと、次のようになる。

Use toilet paper only.

かくも短く、的確に意味を伝えている。 いかに少ない語数で正確な内容を伝えるかが重要なのだ。 また、英語では、よほど重大な危険が予想される場合以外は否定の命令文は使わないそうだ。 だから日本語ではよくつかう、「〜すべからず」という指示文は極力肯定文に直す必要がある。

実は、ある翻訳会社が主催した遠田先生の技術翻訳のレクチャーを3回にかけて受けてみて思ったことだった。

今後技術翻訳にチャレンジしたい人には超オススメです。



paul83 at 00:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)英語 | おすすめグッズ