December 31, 2006

大晦日のことわざ「終わりよければ全て良し」4

今年を振り返ると、仕事に一途で来たと思う。 勤務時間は長ロング。通勤時間も往復3時間以上。これを月〜土で一年間過ごした。 だから、このブログもなかなか更新できなかった。 いや、ブログどころか、仕事以外のことはほとんど何もできていない。 妻と一緒の時間もあまりなかった。妻もアルバイトを週末を中心に行なっているので、僕が休みの日は妻が仕事ということが非常に多かった。 この大晦日も妻は稼ぎ時で仕事に出ている。 年末手当てで時給のほかに10000円が付くというのだ。 これはやるべきだろう。 僕の収入が手取りであまり高くないので、仕方が無い。

何はともあれ、今年は今日でおしまい。 よく考えれば、大きな事故も、被害も無く、海外旅行も行ったし、仕事もそれなりに良くできたので、今年は無難な一年だったといえるだろう。 終わりよければ全てよし としましょう。

このことわざ、英語で言うと "All's well that ends well"。  ただ、"The end crowns all"といのもあるので、 最後まで気を抜かずに頑張りたいと思う。

そして、明日は自分の新しい発展のために、決意を新たにしたい。

英語のことわざINDEX

 



paul83 at 13:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 英語のことわざ | 英語

携帯を替えたよ!ワンセグTVも見れるAU W43H5

今日は夫婦そろって携帯電話を新しくするために新宿へ行った。

僕らは4年前に交際を始めたころ、僕がそれまでのDOCOMOから、彼女と同じTUKAに会社変更した。同時に番号も変わった。 すると、本当に偶然なのだが、番号の下3桁が同じになった。

その後、結婚し、引き続きTUKAを愛用してきた。 二人とも0円の機種だった。 僕のは本当に初歩的なキョーセラのTK23。 本当にクラシックなやつだ。 こいつとも昨日でおさらばとなった。

TUKAはもうなくなったも同然で、僕らは何の迷いも無くAUのユーザーとなった。 ソニーの最新型、W44Sを狙ったのだが、人気があるせいか、今いち安くならないので、たまったポイント(2,000pt)とプラスアルファの予算内でおさめようと、それより一つ前の形のW43Hを買うことにした。

携帯を買ったり機種変更するときには、ヨドバシカメラや、ビックカメラなどの量販店では安くできないのは常識である。 その近くにある小さな携帯ショップの方が必ず安い。 これは今までの経験で明らかだったので、まずは量販店での同番機種変更がいくらかかるのかチェックした上で小さな店へ行って買うことにした。

量販店は、ヨドバシカメラマルチメディア館。ここは一階の外側に携帯電話のコーナーが幾重にも広がっている。

ここではW44Sが僕らのTUKA利用期間を考慮した値段が18,000円代。 それを確認した上で、最寄の小さなショップへ行った。そこは前回変更しようとして、とても安かった印象があるところだった。そこで、W44Sが同条件で17,000円代。 そんなに安くないので、それより一ランク安いW43Hが、14,000代だったので、それを買うことに決めて、同番変更手続きを行なった。 それで、一時間後に受け取る約束をして、店を出た。

Wendy'sで昼食を取ろうとしたら、そのとなりにもう一軒の小さな携帯ショップがあったので、一応そこではいくらなのか訊いてみようと思って立ち寄った。 値段が書いていなかったのだが、理由を聞くと、「安すぎるので店頭に表示できません」ということだった。 で、W43Hがいくらなのかたずねると、なんと5800円だ。 妻と少し悩んだあと、「ちょっと相談してまた来るから」と言って、僕らは今携帯を買ったばかりの店へ行って、購入取り消しをお願いした。 一応、急に電話する用事ができ、預けた古い携帯が必要になってしまったということを理由にした。 そこの店員は、人がよさそうな人で、あっけに取られていたが、まだクレジットカードの契約も完了できていないので、まだ大丈夫だと言って、書いた書類まで全て返してくれた。 

あとは、それを持ってそのまま、5800円の店へ行き、契約・購入を済ませた。 今度はポイントだけで二人分がほとんど間に合った。 払った額は一台あたりたったの700円。 2台で1400円だ。しかも二台とも別売りの充電器を付けてである。

 

その店の名は、モバイルジャンクション新宿店。新宿西口、みずほ銀行の小道を入ると左側にある。 AUへの変更は非常に安いからおすすめ。 AUの激安を特に前面に打ち出している。 ちなみにDOCOMOも安いようだ。

それにしてもラッキーだった。 これは何か運命的だね。 普段はいくつか比べた上で購入する僕らだが、今回はちょっと早まっちゃったみたい。 でも本当に良かった。 一万円浮いたような気分。

僕は急に携帯のレベルが最高レベルに上がったので、ウキウキしながら携帯を使っている。 妻は僕と同じ機種なので、分からないことを何でも僕に聞けるからとてもよいと、満足げだ。 ちなみに、これが僕らのお互いへのクリスマス・プレゼントでした。



paul83 at 13:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

フセイン処刑・ブッシュふざけるな!2

汚れた弾丸―劣化ウラン弾に苦しむイラクの人々
誰も書かなかったイラク自衛隊の真実―人道復興支援2年半の軌跡
イラクの中心で、バカとさけぶ―戦場カメラマンが書いた

イラクの元大統領、フセイン氏が処刑された。 少なくとも一国の大統領を長年務めた人物が、たかが大統領一期目を終えようとしている他国の大統領のために殺されたのだ。 

たとえフセインが国民を大虐殺したとしても、これはまずは内政問題だ。 アメリカにとっては他国の問題だ。 イラクは独立した国連加盟国だ。 その国に攻め入り、街を破壊し、他国民を殺害しているのが、ブッシュのアメリカなのだ。 

そもそもイラクが大量破壊兵器を持っているというのがアメリカのイラク侵攻の口実だったはず。 しかし、大量破壊兵器が発見されもしないのに、フセイン大統領を捕獲逮捕し、挙句の果てに処刑した。

テレビで放映されたフセイン大統領の裁判での勇姿は、正に革命家の姿だった。 信念をつらぬく革命家の魂を見た。 彼の姿は多くのイラクはじめ中東の一般国民に勇気を与えたのではないだろうか。 彼の悪行は許せないとは思うが、大統領を20年以上も続けられたのはそれなりの力があったからこそだろう。

中間選挙を向かえるころからのブッシュのぶざまさとは、何と対照的だろう。 

ブッシュ政権は何人の罪の無い中東・アジア人を殺すのだろう。 ブッシュ政権こそ、良心ある大衆による制裁を受けねばならないだろうと思う。



paul83 at 00:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 戦争と平和 | 日記

December 24, 2006

クリスマスの英語なぞなぞ4

クリスマスイブです。 僕には忘れられないクリスマスの英語のなぞなぞがあります。

What Christmas message is written here?
〜 A B C D E F G H I J K M N O P Q R S T U V W X Y Z
(この文字列にはどんなメッセージがこめられているでしょう?)

ヒント〜 これはアルファベットですが、よく見ると…?

丁度クリスマス前の時期に、当時出会った妻にメールでこのなぞなぞを出しました。 すると、なんと、彼女は英語は全然得意ではないのに、答えを当てたんです! 彼女はケーキ作りを趣味として習っていたのですが、ちょうどその時期にクリスマスケーキの代表的なものを習っていたんです。 その名前が、この答えと同じだったのです!

答えはここから!Answer

他にもここにいろいろななぞなぞがあるから、チャレンジしてみてね。

では、Merry Xmas, and Happy New Year!



paul83 at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 03, 2006

黄色いカサ Yellow Umbrella ニューヨーク・タイムズで最高の絵本に選ばれたもの。3

先日韓国の有名な絵本作家、リュ・ジェス(Jae-Soo Liu) さんと交流があった。

仕事の関係だったのだが、彼はアメリカで絵本を出版して、ニューヨークタイムズ紙で最優秀絵本に選ばれたことがある。その作品を見せてもらったが、絵の中に文字はなく、最初のページには黄色いカサを上から見た絵が描かれ、ページをめくるたびに一つ、二つとカラフルなカサがどんどん増えていく。色々な場所でカサの花が開いた絵が展開する。

文字がない代わりにCDがついている。 韓国語で歌われたテーマソングと、各ページごとに流す設定のピアノ中心のBGMが収録されている。 歌詞は、洋書であるため、英語に訳された歌詞が、背表紙の裏に印刷されていた。

言葉を排除し、絵と音楽だけで楽しめる作品は、正に世界の子供たちにアピールできる優れ物だと思った。 この絵本は、カサの持ち主が誰なのかを考える想像力を掻き立てる。



paul83 at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 | おすすめグッズ

ひでしまふみか4

僕は週に2回ほど夕方に自動車を運転する。そのときに聞いているラジオ番組がグルーヴライン。FM J-WAVE、夕方4:30〜6:00放送で、クラブDJ(?)のピストン西沢がメインで、楽しいおしゃべりをしながら音楽をかけている。

僕のお気に入りはそのアシスタント(?)の「ひでしまふみか」という女性。彼女の声はとても魅力的。その声に今ハマっている。そのために運転している間中、とても気持ちいい。低音でしとやかな声で大人っぽい。 時々「交通安全おやじギャク」とかで、部長の役として変な声を出して、ひとり二役を演じるのだが、その声を出しちゃうところがまた可愛い。また、ピストンが話題をどんどん脱線させたり、過激な方向へ向かうのを落ち着いて方向修正するところがえらい。

彼女の声は A Peacetime MCUというアルバムで聞ける。一曲目がなんと Fumika's Voice。驚きだ。

ネットで写真を見ることが出来たが、この顔でこの声は想像できない!おまけの帰国子女で英語ペラペラなんて!

それにしてもこの名前、覚えにくい。10回くらい聞いてやっと覚えた。覚えたところで、漢字でどう書くのか。ネットでひらがなで検索してやっと分った。「秀島 史香

実は今週は休暇中で、一週間彼女の声を聞けなかった。代わりに出てたのが「リリコ」っていう映画評論家(?)で、とても勇ましく、元気がある女性。スウェーデン生まれのスウェーデン国籍所持者で、トナカイ関係のお土産を持ってきていた。彼女の「交通安全おやじギャグ」の部長は、秀島のに比べるととても元気一杯で、さわやかで好感が持てた。でも、秀島の方がカワイイよ。CMや、トラフィックインフォメーションのところで、ちらっと秀島の声を聞けたのが救い。

早く秀島さんの声をまた聞きたい。古代遺跡が好きだと言うけど一体どこを旅してるのだろう。物騒な世界なので、無事帰って来れるように祈ってます。

余談だが、ピストン西沢の声ってどこかで聞いたことがあると思ってたのだが、そう、これまた僕が好きなラジオ番組である、TBSラジオ・土曜昼の「サタデー大人天国・宮川賢のパカパカ行進曲」宮川賢の声にそっくりだ。



paul83 at 12:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 | 音楽

November 19, 2006

自分の子供がいじめの加害者にならないように!3

いじめについて、学校はどう対応すべきか?

今日NHKでいじめについての番組を偶然見た。

オーストラリアの学校での実践を紹介していた。紹介された学校では、小学生が実際にいじめの場面を演技して、このことで、お互いの気持ちはどうなるであろうかと討論をさせていた。

豪州の学校では、両親と連携をとりながら、いじめについて次の3つを常に心がけていると言う。

1.いじめは当然あるということを前提に考える。
2.いじめには迅速に対応する。
3.加害者にならないように教育する。

1.について、日本ではいじめがあると学校のイメージダウンになるので、いじめについては否定するのが当然のようになっている。しかし、オーストラリアでは、いじめがあるのは当然で、それに対してどのように取り組んでいるのかが重要なのだ。

2.は、常に生徒たちの様子を観察し、いじめの小さな芽が現れた時点で、当事者同士で話し合って解決させている。 ただし、日本の学校ではシカト、仲間はずれなど社会的ないじめの割合が、殴ったりする身体的ないじめよりはるかに高いのに対して、他の国々は、身体的いじめの方が高いという違いがある。

3.は、いじめを黙って黙認したり、見ないふりをするのもいじめの加害者であるという考え方で、親は自分の子がいじめの加害者になっていないか家庭で心配しているという。自分の子がいじめられていないか心配する日本とは正反対である。

今後、日本の全ての教師と親が子供がいじめの加害者にならないように教育することがとても大事だと思う。文部科学省や教育委員会、果ては学校の教師までが、学校のいじめ自体を否定し、いじめ報道により生徒数が減るのを恐れている現状をそのままにしないためには、やはり学校の「顧客」である、親たちの意識改革が必要だと思う。以前、いじめている友達の名前まで出して自殺した中学生に対し、学校は、いじめが原因ではなく、個人の人間関係上のトラブルが原因であると言い切ったことがあった。ここに僕は学校の校長や(校長の天下り先と言われている)教育委員会の保身主義を見ることが出来る。



paul83 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | いじめ

September 17, 2006

韓国映画 「連理の枝」5

韓国の映画、「連理の枝」を見た。
チェ・ジウ(최지우)とチョ・ハンソンが主演した純愛映画。今月にDVDが出たばかり。

久々にチェ・ジウの映画を見たが、また病気で死んでしまう内容。 相手はプレイボーイの若社長。 プレイボーイが本当の恋に落ちてしまい、けなげにアタックする姿が楽しい。

悲しい悲恋ものなのだけど、映画の前半はまるでラブコメディのような面白さ。後半には大きなビックリがあって、チェ・ジウのキャラの陰と陽のギャップの大きいこともあり、けっこう泣けます。 おすすめです。収録時間106分。



paul83 at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(1) Korean | 映画