August 01, 2006

オーストラリアへ行きます。

今月中旬に妻とオーストラリアはシドニーに旅行することになりました。

僕はここでホテルを予約します。

 

Discount Hotel Reservation 世界中のホテルが安く予約できるよ。今なら直前割引だ。

paul83 at 00:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 英語 

July 02, 2006

久々のホームページ更新

今日は久しぶりに、ホームページを更新した。

音楽のムービーが無料で楽しめるサイトがあったので、各歌のページに色々とリンクした。

Bob Dylan「風に吹かれて」には本人のムービーもいくつかあり、他の歌手のカバーまでリンクした。

ブルーハーツのチェルノブイリもリンク。海外のサイトなのに、日本や韓国のムービーも結構あるようだ。



paul83 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 | ホームページ

June 25, 2006

パッチギ25


今日は井筒監督のトークと「パッチギ」の上映会へ行ってきた。

この映画を見るのは2回目だ。 にもかかわらず、最初に観たときと同じところで涙が出てきてしまった。

二つあったが、どちらも主人公がギターで「イムジン河」を歌う場面だ。

井筒監督が言うには、パッチギ2は来年の公開になるらしい。 リ・アンソン一家が東京へやってくる、数年後の話になるそうな。 監督はこの映画の反響が大きすぎて、この一年間、映画を撮れなかったそうだ。あまりにも全国で上映会やら、トークなどが開催されたためだ。 韓国でも好評を得たこの映画をもう一度やらない手はないな、ということだ。

来年の続編が楽しみだ。



paul83 at 23:54|PermalinkComments(1)TrackBack(3) 映画 | Korean

May 21, 2006

荒らされ放題の掲示板1

僕のサイト、トピカルソング・プロテストソングの傑作集に掲示板を設置しているが、最近やたらと二種類の投稿が殺到している。ひとつは一挙に10個くらいの投稿だ。 これらは全てくだらない、エロサイトへのリンクを含んだものだ。

これぞ「掲示板荒らし」なのだろう。その掲示板はここだ。

誰か対策を教えて欲しい。とりあえず、この掲示板は閉鎖しようと思う。とても残念だ。どうすれば過去の貴重な書き込みを保存できるのだろうか。

楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/ 1,500円以上の注文は送料無料!
キーワードを入力して書籍検索ボタンを押して下さい。


paul83 at 18:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホームページ | 日記

May 07, 2006

東京ヤクルトカンパイ!2

今日は妻と東京ドームへ行った。読売巨人VS東京ヤクルトのチケットが手に入ったから。

僕らの招待券は球場前で指定券に交換するもの。3時から交換を受付け、一杯になると立見席になってしまうというものだったので、3時30分にはドームに到着、無事指定席をゲットした。しかし、指定券との交換は中へ入るときだったので、そのときからプレーボールまで2時間以上、時間をつぶさねばならなかった。

試合が始まると、初回にヤクルト先発の川島が14球投げただけで交代してしまった。その後は、松井投手が頑張ったが、結果は8対2と、巨人の大勝。ヤクルトは、名手宮本が送球をランナーの背中に当てたり、ラミレスが怠慢プレーでフライをヒットにしてしまったり、米野が二塁打を3塁まで暴走してアウトになったりと、プロらしくないプレーで点を取られたり、チャンスをつぶしたり。さんざんであった。高津も登板したが、今一の出来。最後に五十嵐の投球を見ることが出来たので、まあ、良かったかな。

巨人の内海が完投。敵ながらアッパレだった。

それにしても今日のドームは満員だったが、7割くらいは巨人を応援していた。僕が座った3塁側の指定席の周辺も巨人ファンが多かった。

巨人と同じ東京を本拠地とするヤクルト、いくら優勝しても巨人に人気の面では勝てないな。今は特に実力差が大きくなっているので、その差が歴然とした試合だった。

それにしても、僕が妻と知り合って球場でヤクルトを応援するのは3回目だが、全て負けだ。僕が応援すると負けると言うジンクスが確定的。僕が家でテレビで応援しても負けてしまうのだ。例えば、家でみれなかった昨晩はヤクルトが快勝したのだ。

妻が僕と出会う前まで巨人ファンだったので、妻が大喜びだったのは少し複雑な気持ち。

今日試合前に古田憲任監督捕手がバッティング練習でいい当たりを連発していたので、先発出場するものと楽しみにしていたのに、残念だった。今日はヤクルト完敗の日だった。

東京ヤクルトの今シーズン今後の活躍に乾杯!



paul83 at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 日記 | 野球

May 05, 2006

よみうりランド&丘の湯5


今日は妻と よみうりランド へ行った。最高の天候に恵まれた。

よみうりランドは僕らの庭みたいなところだ。今日初めて「i-バス」を利用した。矢野口駅の前から、よみうりランドに併設されている健康ランドみたいな「丘の湯」の真ん前まで行くことができる。本数が一日に数本しかないのがさびしいが、うまくりようすれば便利だと思った。欲を言えば、自分の家の前の川崎街道にもバス停があればよいな、ということ。

以前は仕事の関係で平日に行ったが、そのときにはガラガラで、経営は大丈夫かと心配していた。しかし、今は仕事の都合で、休日にしか行けなくなり、子どもの日である今日は人が一杯だった。何を乗るにも30分前後待たねばならなかった。

fa41f899.jpg 
それでも色々乗り物を楽しんだ。まだ子どもがいないので、いまだに恋人どうしのデート気分。

そのあと、丘の湯でゆっくりくつろいだ。とても人が多かったが、僕みたいによみうりランドと丘の湯をはしごしてる人はそんなにいないようだった。

妻は人が多すぎるので心休まらないということで先に帰ってしまったので、ひとりでゆっくりくつろげだ。ここの露天風呂は広く、いくつもあって、良い気晴らしになる。

8時前には風呂から出たが、バスが8時56分までなかったので、590円の生ビールセット(中生ビールと枝豆)を楽しんで、畳のところにゴロ寝して、帰宅した。



paul83 at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 風呂・温泉 | 日記

May 01, 2006

ゴダイゴ復活!5

7680634e.jpg

ゴダイゴが復活するそうだ。結成30周年を向かえ、活動再開ということだ。5月4日に奈良県で復活コンサートがある。17日にはマキシシングル 「Monkey Magic 2006」が発売される。これはセルフ・カバーだが、カップリングは新曲が二曲入る。それも片方はタイトルが KOREAN らしい。国際派バンドのゴダイゴらしく、韓流にも乗ってきたのか。実に楽しみである。

収録曲
1 Monkey Magic 2006
2 Start Singing Again
3 Hang Sang Sarang He Yo (牌雌 紫櫛背推=いつも愛してる)
4 Monkey Magic 2006 (Back Track)

ゴダイゴといえば、1978年に放送されたドラマ、「西遊記」のテーマソングでブレークしたバンド。

「西遊記」といえば、つい先日まで香取信吾版が放送され、そのテーマソングを歌ってたグループが "Monkey Majik"。また、東京のローカル放送では、あの78年のマチャアキ孫悟空が放送されている。ここで"Monkey Magic" が新たに発売され、それと共に再結成というのは、とても自然な流れだったように見える。

今後、リアルタイムでゴダイゴを応援できる日々が始まるのはとても嬉しい。いくつか気になるのは、アルバム収録曲は引き続き英語オンリーなのか。(前回の再結成時のアルバム)には日本語と英語が混ざっていた)奈良橋陽子とタケカワユキヒデのソングライターコンビは復活するのか。

あと、希望としては、タケカワさん、全盛期の音程で歌って欲しいな。 ゴダイゴ初のマキシシングル、たくさん売れたらいいな。



paul83 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 | ゴダイゴGODIEGO

April 16, 2006

この焼肉屋は止めておいた方が良いよ!1

弟の引越しの手伝いで、僕はボンゴの運転をした。最後に東高円寺のという焼肉屋でご馳走になった。

ここは様々な問題があった。

まず、入ると入口の椅子に座って待たされた。席は、片付ければすぐに入れます、と言われた。その後20分ほど待たされて、順番二番目で席についたが、お客が帰ったあとの席を清掃して用意するのにこんなに時間がかかるのか?

次にホール係が飲み物の注文を取りに来た。飲み物を注文してからそれらがくるまで結構時間がかかった。その時に普通は注文を聞いてくるものだが、こちらから「注文していい?」と言って注文した。肉も注文したが、普通はその場でロースターの火を付けるでしょう? でも彼は付けないで行ったので、自分たちで付けようとしたが、これは種火を持ってきて付けないといけないらしく、付けられなかった。その様子を見かねたのかどうか、やっと一人の従業員がきて火を付けてくれた。

メニューにタン塩があったが、上タン塩が1600円するのはまあ良いとして、普通のタン塩が1400円台。200円しか変わらない。他のメニューに比べて大変に高い。 (にもかかわらず、一人前を注文したら、5切れが来た。一切れ300円台だ。しっかり噛み締めて食ったが、味はやはり普通のタンだった。)

注文した後、さらに20分近く何も来ない。 従業員に、「時間ないから、早くして」というと突然3品ほどずつ2回に分けてほとんどの品がやってきた。おいおい、こんなに一片に持ってこれるなら、もうこのうちのこれかは出来た後随分時間経ってるだろう!出来た順番にすぐに持ってきなさい!

しかし、ユッケだけは、次の追加注文をした時点でもまだ来てなかったので、催促したら、またまたすぐに来た。しかし、このユッケは、ちょっとまずかった。肉がもう締まりが無くて、ぽろぽろだった。

最後に注文した冷麺、これがトドメだった。スープが濃すぎ。塩分が多すぎで、冷麺好きの僕でも、スープを全部飲めなかった。しかも、具にはキムチに使ったと思われる酸っぱい白菜の芯を薄切りにした奴がいくつも入っていた。これって嫌がらせじゃない?

大体、ここは従業員が少なすぎるようだ。いくら経費削減といって、人件費を減らしても、こんな接客では売上は落ちるばかりだと思う。

この店で、3人で15,000円も使ってしまった。もう二度とこの店には行かない。



paul83 at 09:50|PermalinkComments(1)TrackBack(1) 焼肉屋 | 日記