November 19, 2006

自分の子供がいじめの加害者にならないように!3

いじめについて、学校はどう対応すべきか?

今日NHKでいじめについての番組を偶然見た。

オーストラリアの学校での実践を紹介していた。紹介された学校では、小学生が実際にいじめの場面を演技して、このことで、お互いの気持ちはどうなるであろうかと討論をさせていた。

豪州の学校では、両親と連携をとりながら、いじめについて次の3つを常に心がけていると言う。

1.いじめは当然あるということを前提に考える。
2.いじめには迅速に対応する。
3.加害者にならないように教育する。

1.について、日本ではいじめがあると学校のイメージダウンになるので、いじめについては否定するのが当然のようになっている。しかし、オーストラリアでは、いじめがあるのは当然で、それに対してどのように取り組んでいるのかが重要なのだ。

2.は、常に生徒たちの様子を観察し、いじめの小さな芽が現れた時点で、当事者同士で話し合って解決させている。 ただし、日本の学校ではシカト、仲間はずれなど社会的ないじめの割合が、殴ったりする身体的ないじめよりはるかに高いのに対して、他の国々は、身体的いじめの方が高いという違いがある。

3.は、いじめを黙って黙認したり、見ないふりをするのもいじめの加害者であるという考え方で、親は自分の子がいじめの加害者になっていないか家庭で心配しているという。自分の子がいじめられていないか心配する日本とは正反対である。

今後、日本の全ての教師と親が子供がいじめの加害者にならないように教育することがとても大事だと思う。文部科学省や教育委員会、果ては学校の教師までが、学校のいじめ自体を否定し、いじめ報道により生徒数が減るのを恐れている現状をそのままにしないためには、やはり学校の「顧客」である、親たちの意識改革が必要だと思う。以前、いじめている友達の名前まで出して自殺した中学生に対し、学校は、いじめが原因ではなく、個人の人間関係上のトラブルが原因であると言い切ったことがあった。ここに僕は学校の校長や(校長の天下り先と言われている)教育委員会の保身主義を見ることが出来る。



paul83 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | いじめ

September 17, 2006

韓国映画 「連理の枝」5

韓国の映画、「連理の枝」を見た。
チェ・ジウ(최지우)とチョ・ハンソンが主演した純愛映画。今月にDVDが出たばかり。

久々にチェ・ジウの映画を見たが、また病気で死んでしまう内容。 相手はプレイボーイの若社長。 プレイボーイが本当の恋に落ちてしまい、けなげにアタックする姿が楽しい。

悲しい悲恋ものなのだけど、映画の前半はまるでラブコメディのような面白さ。後半には大きなビックリがあって、チェ・ジウのキャラの陰と陽のギャップの大きいこともあり、けっこう泣けます。 おすすめです。収録時間106分。



paul83 at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(1) Korean | 映画

September 11, 2006

巨人に勝てないヤクルト2


今日は東京ドームで巨人―ヤクルト戦を観戦。今回は妻と弟と3人で行った。
今年はヤクルトが巨人にめっぽう弱い。 今回の3連戦も昨日まで巨人が2連勝。 スコアは両試合とも2−1.投手戦だった。

今日の先発は巨人が上原、ヤクルトが藤井。

8回表まで0−0で、先発投手ががんばる投手戦だったが、8回裏、ヤクルト藤井が巨人の二岡にソロホームランを浴びて、それが決勝点になり、1-0でヤクルトが完封負け。3夜連続の一点差負けというのも悔しいが、ヤクルトが一点も取れなかったのが残念だった。

応援は結構楽しめた。弟がよく叫んだので、僕ら夫婦もつられて大声で応援した。

それにしても、ヤクルトファンは少ない。 レフト側の外野席のポールの後ろ、中段くらいに座った。 センター寄りにはヤクルト応援団が陣取っている。 しかし、僕らとその応援団の間には、巨人ファンがたくさんいた。僕らがヤクルトを応援して、ヤクルトの選手が凡退すると、僕らの周りの巨人ファンが大喜びだ。

ヤクルトは神宮でも、自軍のファンが少ないことが多い。 巨人が本拠地である東京で、東京という名前を付けて地元密着をアピールしてみたものの、ファンの少なさはさびしいものだ。昔からこうだった。僕が高校時代にヤクルト―阪神の試合を見に行ったら、一塁側の応援団の扇動役は阪神の帽子をかぶっていたよ。これは忘れられない。

ヤクルトはもともと巨人戦になると全力で、執念を持って試合に挑んでいたが、今シーズンは巨人に大幅に負け越し、もうカモになっている。 早く今シーズンが終わってほしいと思った。 僕が結婚して3年目になるが、僕が球場へ行って応援したり、テレビ放送で応援したら、全敗だ。どうかしている。

点数の割には、藤井の復帰後初の好投を見ることができたし、応援で盛り上がったからまあ良かったかな。

 



paul83 at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 野球 | 日記

August 27, 2006

消費税値上げ反対!

今テレビで消費税を10パーセントに上げる提案をしている。増加分の消費税は目的を社会保障に回さないといけないと言っている。なぜならば今後社会保障に必要な費用は増加の一途をたどるからと言っている。

現行の消費税5パーセントは、内税方式になって以来、以前ほどには僕らが意識しなくなったと思う。消費税率が上がると、いくら今反対してみたところで、いずれ当たり前になってしまうだろう。だから今、よく考えないといけない。

例えば、この消費税により、僕らが受け取る年金額が5パーセント増えたとしても、日常的に消費税を払い続けているので、プラスマイナス ゼロ ではないか。いや、もらった年金を使えば使うほどマイナスだ。消費税はサラリーマンにも社長にも年金生活者にも「公平」に課税されるからである。

社会保障のための目的税ならば、社会保障負担額の値上げで対応するのが筋ではないのか?

ただ、現在の厚生年金の支払額はもう十分に高い。一体いくら帰ってくるのだか分からないのに。だから値上げできないのだと思う。

だから、政府は年金未払い者に払わせるためにもっと力を注ぐべきではないかと思う。また、公共事業へ回すお金を年金の財政に回せばよい。現状は貧しくて病院にも行けない人が、マイホームを建てているようなものだ。

費税は弱者にも強者にも一律に負担しないといけない、不公平税制度だと言うことは何度言っても言い過ぎることはない。

参考リンク

高校一年生の意見
http://tax.navitown.com/sakuhin/saku004.html
世界の消費税率
http://www.777money.com/torivia/syouhizei_world.htm



paul83 at 10:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

三丁目の夕日 オールウェイズ

舞台が僕が生まれる少し前の東京(?)。当時の様子がかなりリアルに再現されていたのに驚いた。しょっちゅう出てくる路面電車や、蒸気機関車はどのように撮影したのだろうか。とても不思議だ。

ここに出てくる主人公の作家青年は、飲み屋のバツ一女性と相思相愛の関係になり、彼女が連れていた友人の子供を養いながら、日々が流れていく。

テレビの登場など感動的なシーンを織り交ぜながら、見る人を飽きさせない。

この映画は昨年公開されたが、そのとき弟に、とてもいいから絶対見ろと言われて、映画館まで行ったのだが、その日は正月三が日で、夜遅い回がなく、見ることが出来なかった。弟に連れられてその映画を観た僕の両親もとても良かったと言っていた。

この映画で、人は金よりも心だということを改めてしみじみと感じた。




paul83 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | 日記

August 24, 2006

冥王星が無くなる?3

と習った太陽系の惑星9個のうち、最後の冥王星が惑星として認められないその他の星となってしまうそうだ。何でも、サイズが余りにも小さすぎるとのこと。テレビの報道ステーションなどで分かりやすく見せてくれたが、月よりも小さいと言うではないか。聞いてみると仕方ないかな、と思った。軌道も他の惑星とはちょっとずれていて、以前、順番が、海王星と冥王星が逆になった時期があったとも記憶している。

報道では9つの惑星が8つに減ってしまうのは大変なことだと騒いでいる。インタビューを受けた人々も一様に、減ったら不都合が起きるような反応を示しているように見えた。

よく考えれば全然問題はない。むしろ良いことではないか。

僕ら地球人が、宇宙にある9つの星に適当な名前を付けて太陽系という概念を作ったのであるから、人間が減らそうと思って減らすのも、太陽系の概念を作ったのと同じくらい必要なことだ。この世に永遠に不変なものはない。これも時代の流れだと思う。僕らが冥王星を惑星扱いしなくなっても、冥王星は存在しつづけるし、無くなってしまうわけではないのだから、そんなに騒ぐこともないだろう。場合によってはまた後に追加すればよい。

これからの学生たちは、太陽系の惑星を8つだけ覚えればよいのだから、楽になるだろう。

マスメディアではこんな意見は取り上げられていないのだが、どうしたものか?マスメディアの一方的偏重報道の姿勢がこんなところにも現れている。
参考記事



paul83 at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

湯の華JAPON はいい湯だった5

今日は妻と二人でコナミスポーツセンターに併設されているスパへ行ってきた。 僕らが行った府中のは「湯の華JAPON」と言う。 新聞屋さんから招待券をもらってたので、利用料1260円を払わずに無料で利用した。数年前に一人で遅い時間に行ったのだが、ほとんど記憶に残っていなかった。

転職活動中にハローワークへ行く際に横目で見ながら通り過ぎた記憶もまだ生々しい。

久々に行ってみると思っていたよりかなり良かった。浴槽は広く、リラックスシートのような湯、強烈なシェープアップ風呂、打たせ湯などがあり、サウナもドライ、スチーム、塩と3種類もあった。もちろん露天風呂もあり、そのひとつは薬湯見たいな日替わり湯。

ここで最も良かったのは打たせ湯。ボタンを一度押すと2分間上からお湯が滝のように落ちてくる。それで背中や首筋のつぼを刺激し、足の裏まで刺激してみたら、非常に気持ちが良かった。こんなのは初めてだった。

サウナは悪くはないが、熱が高いところに溜まって、下のほうはそんなに熱くなかった。座るとちょっと僕にとってはぬるめのサウナになった。

でも、体を洗って気づいたのだが、ここは、ナイロンの垢すりがたっぷり準備されていて、洗い場の椅子も大きく、何よりも他の同類施設とは違い、リンスインシャンプーとボディソープが原液(薄められていない)だった。おまけに石鹸まで置いてある。更衣エリアではドライヤーが無料。

さすが会員制スポーツクラブの風呂は違うなと感心した。

服を着てロビーへ出ると、ジュースもビールも自動販売機で売ってるし、生フルーツジュースカウンターもある。食堂も完備。また、休憩室にリクライニングシートもあり、ゆっくり休める。

これは、また来ないとだめだと思った。 よみうりランドの丘の湯より良いよ。たとえ1260円を出しても高くないと思った。



paul83 at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 風呂・温泉 | 日記

シドニーから帰りました。5

hotel1妻と二人でオーストラリアへ行ってきた。 遠距離だけに、期間も今回は一週間あまりと長期(?)になった。

シドニー近郊にとどまったが、充実した旅行を楽しめた。拠点となったのは、Leisure Inn Barclay Hotel Sydney。 HOTEL CLUBで格安料金でネット予約して利用。 古い小さなホテルで、エレベーターが傑作。 ドアの開閉が手動なのだ。 なかなか出来ない経験をした。日本には無いと思うよ、こんなに古いのは。bathtub

シドニーでの出来事を少しずつアップしますので、お楽しみに!

 

Harbour Bridge



paul83 at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 | 旅行