March 06, 2016

要介護状態になっても介護保健が使えないかも!

日刊ゲンダイの記事を転載したフェースブック投稿の転載です。介護保険料を無駄にする弱者いじめを考える安倍政権!

安倍政権もくろむ「要介護1、2外し」で介護破産に現実味
2016年3月5日  日刊ゲンダイ
 
    

 
 2016年度予算案の成立が確実となったことで、ますますタガが緩んでいる安倍政権。3日の参院予算委でも安倍首相を含め、ヘラヘラ薄ら笑いを浮かべる閣僚の姿がテレビ中継された。そんな"学級崩壊"状態の閣僚の顔色が変わったのが、共産党の小池晃議員が介護保険制度の改悪を指摘した時だ。厚労省が検討を始めた「要介護1、2のサービス外し」について「国家的詐欺」と問い詰めると、一様に押し黙ったのである。

  介護保険制度では「要介護1」以上の認定を受けると、1〜2割の自己負担で「掃除」「洗濯」「買い物」「調理」などの生活援助のサービスが受けられる。

  ところが、厚労省は「要介護1、2」の人を介護保険の適用対象から外し、生活援助サービスを原則、自己負担とする検討を始めた。

  要介護(要支援)認定者はおよそ616万人。うち、「要介護1」が最も多く約120万人、次いで「要介護2」が約107万人で、1、2で全体の約4割にも達する。現行制度だと、自己負担額1割の場合、1回のサービス利用料は250円程度だが、全額自己負担となれば10倍の2500円にハネ上がる。老後生活に与える影響は計り知れないだろう。


 小池議員が「介護保険は要介護状態にならなければ掛け捨てだ。それでも高い保険料を払うのは、要介護状態になった時に給付を受けられるという期待があるからだ。大半を占める要介護1、2を対象から外すのは国家的詐欺じゃないか」と激怒したのも当然だ。

  年金保険料はどんどん引き上げられる一方、受給額は減り続け、しまいには介護保険料を納めてもサービスを受けられない。一体何のための社会保障制度なのかサッパリ分からない。そもそも消費増税分は全額、社会保障費に充てる約束ではなかったのか。それなのに増税しながら社会保障費をバンバン削るなんて、まさに詐欺師同然の手口だ。

 「年金暮らしの高齢者も介護保険料は天引きされている。それなのに将来、サービスが受けられないなんて不満だし、不安です。一方で、防衛費はどんどん増大させている。やっていることがメチャクチャですよ」(全日本年金者組合関係者)

  安倍政権の暴政をこのまま許せば「下流老人」どころか、「介護破産」も現実味を帯びてくる。 


paul83 at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)いじめ 

February 12, 2016

あべ愁傷はサミット前に失脚する?

面白いブログ記事を見つけた。原田武夫国際戦略情報研究所の英文ブログ記事の中に驚くべき予想が書かれている。原田さんは元財務官僚だ。

伊勢志摩サミットの直前に安倍首相のスキャンダルが発覚して失脚するとのことだ。

記事の核心部分を抜粋する。

タイトル:

Japanese Democracy on the Brink of Erosion
「崩壊寸前の日本の民主主義」

Based on what’s circulated in the INTEL network in Japan, I take this opportunity to make clear the following: Just before the G7 summit in ISE/SHIMA, he’ll abruptly get involved in a disastrous scandal of foreign policy.
「日本のインターネットで広まっている情報に基づき、私はこれを次のことを明確にする機会としたい。「伊勢志摩のG7サミットの直前に彼は突然、外交にかかわる破滅的なスキャンダルに巻き込まれるだろう」

iseshima_summit続けて、今度は絶対に生き残れないと書いている。その後にはなんと、大阪の選挙での開票作業の組織的な不正が日常化しており、それは東京でも同じようになっているという情報を得たということが書いてある。
この予測の根拠はよくわからないが、英語で書かれていて、一般のネットユーザーには読まれない可能性があるので、ここに要点を書いてみた。 もしこうなったら、この先日本は良くなるのだろうか?


ところで、INTEL NETWORKというのはどうやらインターネットを指していると思われる。

paul83 at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)戦争と平和 | 社会問題

January 22, 2016

寺尾聰のビートルズ・カバー

寺尾聰のアイ・コール・ユア・ネーム


僕が高校1年生のころ、寺尾聰(てらおあきら)という人気俳優が突然ルビーの指輪という大ヒット曲を世に送り出した。この曲が収録されたアルバム「リフレクションズ/Reflections」は飛ぶように売れ、ここから立て続けに3曲ものシングル・ヒットが放たれた。

terao_akira突然人気歌手になった寺尾聰。ソロ・コンサートも精力的に行ったようで、その一部がFMラジオでオンエアされた。僕はその放送をモノラル・ラジカセでエアチェック(カセットテープに録音)してよく聞いた。

そのオープニングは彼のアルバムには入っていない、何やら英語の歌だった。高校生だった僕にも曲に何度も出てくる歌詞、"I Call Your Name"という言葉は聞き取れた。この歌がビートルズ/the Beatlesのヒット曲だと分かったのは随分後になってから。いや、なんとなくそうじゃないかな〜、とずっと思っていのだが。

大人になっても僕はビートルズ/the Beatlesをよく聴いているが、ある期間、ビートルズのカバーバージョンを集めるのが趣味になっていた。そのときから、この寺尾聰I Call Your Nameをもう一度聴いてみたいと思っていた。それを思い出して本日、ユーチューブ/Youtubeで検索してみたら、あった!誰かがエアチェックした音源をアップしてくれてたのだ!ここ、冒頭の曲。貴重な、日本人歌手によるビートルズ・カバー。聴いてみてほしい。 最初の曲なのですぐに聴ける。




この曲のあと、アルバム、リフレクションズの(たぶん)全曲を歌い、最後にはアメリカのスタンダード・ポップス、オンリー・ユー/Only You(And You Alone)を歌っている。オリジナルのプラターズ/the Platters とはかなりアレンジが違ってて、とっても軽いノリに仕上がっている。で、今日35年ぶりに聴いてみたら、これ、ジョン・レノン/John Lennonが編曲したリンゴ・スター/Ringo Starrのカバーにそっくりだということに気づいた。これはビートルズ・ファン初心者だった当時の僕にはわかる分けなかった。寺尾聰はかなりのジョン・レノン/John Lennonフリークに違いない。
プラターズバージョン

Ringo Starr バージョン

ちなみに彼はビートルズ/the Beatles の日本進出の影響で盛んになったグループ・サウンズのザ・サベージというグループのボーカリストで、「いつまでもいつまでも」というヒットを放った、元々は歌手で芸能界にデビューしたのであった。


最後にオリジナルの I Call Your Name!


paul83 at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 | 英語とポップス

January 03, 2016

ゴダイゴの新しいCMソングでH.N.Y.!

HAPPY NEW YEAR! with GODIEGO's New CM Song!

HINOKIYAcm
2016年ゴダイゴ結成40周年の年だが、お正月早々、元日からゴダイゴの新曲がテレビで流れている!

あまりテレビ見てないので僕はテレビでは未視聴であるが... 

その新曲とは、CMソングである。桧家グループのCMソングをゴダイゴが歌っているのだ。タイトルは「Tomorrow of Your Dreams」。いつものようになんか夢のあるポジティブな人生の応援歌という印象だ。

15秒、30秒、60秒と3つのバージョンがユーチューブ/YOUTUBEにアップされているのでこちらにご紹介する。

桧家グループ CM15秒バージョン


桧家グループ CM30秒バージョン

15秒と30秒では英語の部分しか聞こえない。初期のゴダイゴのような印象。


桧家グループCM 60秒バージョン

こちらはサビじゃない部分の日本語が聞こえてくる。ゴダイゴ後期のイメージ。


とても嬉しい。この調子でまた初期のようにどんどんCMソングを歌って、CM SONG GRAFITI IIIを発表してほしいものだ。

また、最近のゴダイゴの曲は英語版が未発表のものが多いので、この曲も含めて完全英語版だけ集めたコンピレーションの発売を期待しているのだが...実現するかな?



paul83 at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゴダイゴGODIEGO | 音楽

December 31, 2015

ゴダイゴの紅白歌合戦出場!1979、1980、1999 比較!

GODIEGOの紅白歌合戦出場!1979年,1980年&1999年

godiego_IDPIC_edit

ゴダイゴ/Godiego 
はこれまでNHK 紅白歌合戦には3回出場している。全盛期に2回、1999年の再結成時に1回。2000年以降は未出場だ!今年は「きみはミラクル」があったから奇跡のチャンスだったのにね。残念…
kohhaku

ということで、ゴダイゴの紅白歌合戦出場3回のうち、1979年と1999年は、20年越しのビューティフル・ネーム。1980年はポートピアだった。

ポートピア/Portopia の演奏と思われる動画が見つかったのでご紹介、そしてこれを挟んでのビューティフルネーム/Every Child Has A Beautiful Name 紅白バージョン20年越しのゴダイゴ対決!あなたはどっちが好き?

ビューティフル・ネーム1979年



ポートピア 1980年 

埋め込めないので写真クリックでYOUTUBEページへどうぞ。
この歌を2分45秒に収めるという荒業を要求するNHK紅白!それでもコンサートのモードでコンパクトに、テンポを早められるところは早めてうまく収めた様はまさに芸術的である。
portopia godiego

ビューティフル・ネーム 1999年
全盛期に比べてキーが下がっているが、優れた演奏技術の下でそんなことを気にさせないゴダイゴ


1999REDWHITE Godiego Beautiful Name


paul83 at 16:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ゴダイゴGODIEGO | 英語とポップス

今年もまた紅白歌合戦の日がやってきた!

紅白歌合戦ではヒットしなかった名曲も聞ける!?

にほんブログ村 音楽ブログへ
今日はNHK紅白歌合戦の日。

kohhaku

僕がまだ小さい頃は、一年で一番人気の高かった歌をまとめて生で視聴できる歌番組だったと思う。50歳を超えた今はそうは思わない。僕が多くを学んで色んなことの裏側をわかるようになったからということもあるが、そういう意味ではなく、紅白歌合戦が時代と共に変質したのだ。

今や、一番人気の歌手は紅白に出場したがらないそうだ。理由のひとつはギャラが安い上に拘束される日が数日あるということ。 もう一つは、昔の一番人気の歌が登場するというステータスが無くなったから、自前のコンサートを行う方が何倍も稼げるということ。詳細:大物歌手ほど紅白歌合戦出演を断る本当の理由とは?   

1970年代、松山千春中島みゆき松任谷由美など当時大人気だった所謂「ニューミュージック」系の歌手はテレビ出演をしないというポリシーから出場辞退をしていたが、そのときの理由とは大きな違いである。2000年代に入って中島みゆきNHKとのつながりもあって、「初出場(?)」という冠を付けられたときには、失笑したものだ。過去にNHKが何度も断られていたわけだから。初出場だったのは間違いないけど。

最近の紅白歌合戦は、人気よりも話題優先。特に近年はNHKへの貢献度が重要視されている気がする。NHKの忘年会みたい。また、ジャニーズ系AKB系、近年はEXILE系も含めた特定プロダクションの出場者の割合が不自然に高まり、ヒット曲が無くても紅白に出場できるようになってしまった。

こんな紅白だが、だからこそ楽しめるのが、ヒットチャートに上らなかったと思われる、社会的なテーマを持った曲だ。毎年1曲くらいしかないが、貴重な歌のパフォーマンスが楽しめる。

僕が記憶している曲は、2004年の「遥かなるクリスマス」(さだまさし)、2012年の「ヨイトマケの唄」(美輪明宏)、2014年の「ピースとハイライト」(サザン・オールスターズ)である。「ピースとハイライト」は前年の大ヒット曲だが、歌詞の内容がとてもタイムリーだった。 「ヨイトマケの唄」は発売当時はなんと、テレビ、ラジオで放送自粛された曲である!「遥かなるクリスマス」はクリスマスは過ぎたことなど関係なく、反戦の訴えが強すぎてヒットソングのイメージには程遠い唄だが、元々紅白の常連だったさだまさし(これまで19回出場)が歌ったから、紅白で披露され得たのであろう。翌年にも「広島の空」という興味深い歌を歌っている。

今年はみんなの歌に曲を提供して貢献したゴダイゴが出場しないのが無念だが、他のどの歌手の歌が僕を満足させてくれるのだろうか?







paul83 at 16:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社会問題 | 音楽

December 28, 2015

ゴダイゴのビューティフル・ネーム、TVライブ音源!5

ゴダイゴのビューティフル・ネーム IN 1980

godiego_IDPIC_edit

ゴダイゴ/GODIEGO
ビューティフル・ネーム/Every Child Has A Beautiful Nameの音源がアップされた。

前回ご紹介したクリスマス・ソングゴダイゴ〜奇跡のヒットメドレーと同じステージだ。 

先のヒットメドレーには含めずに単独に歌ったもの。

1980年の年末は中国公演から帰ってきて間もないころだったので、恒例の歌合戦は中国語で敢行された。歌合戦にはゴダイゴ・ホーンズ聖歌隊なども巻き込んで、とてもにぎやか!なんとゴダイゴのメンバーまでソロで指名されちゃってる。それが誰かは聞いてのお楽しみ!

曲中にネパール語の部分もあって、合計4ヶ国語で、とっても愉快なパフォーマンス!お楽しみあれ!



 にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Beautiful Name in 4 languages English, Japanese... 

paul83 at 22:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゴダイゴGODIEGO | 音楽

December 14, 2015

ゴダイゴのクリスマスソング

A Xmas Song by GODIEGO

ゴダイゴ/GODIEGOは前の記事のゴダイゴヒットメドレーの動画にも日付が表示されているが、1981年12月25日にクリスマス企画コンサートを行い、テレビで生中継(?)された。

そのときに歌ったクリスマスソングの定番中の定番、「We Wish You a Merry Christmas」の動画がアップされている。歌詞しか表示されないが…

we_wish_you_a_merry_xmas

リフレインが何度も繰り返され、その他の部分が一箇所だけ日本語で歌われた。

なんといってもイントロ聞いたらビックリ!初めて聞く方にはとても嬉しいイントロだと思う。

それでは、どうぞ!


にほんブログ村 音楽ブログへ

paul83 at 07:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ゴダイゴGODIEGO | 英語とポップス