May 03, 2020

金を刷れ、皆に配れ!(山本太郎)

taro yamamoto print money

れいわ新選組の山本太郎代表が、NHKテレビの日曜討論に、参加はできなかったが、ビデオで出演した。与えられた90秒間をフルに活用して、日頃主張しているコロナ経済支援対策の提案を行った。


その内容の文字起しを掲載する。

外に出るな、休業要請に従え。一方でほとんど補償はない。これでいったい何が起きたか。

仕事が減った、無くなった、当然収入が途絶える人続出、お店、自宅、家賃、ローン、支払えない。生活するお金も底を尽く。この状態、完全に憲法違反です。

全国の有志が行った電話相談に寄せられた声です。

  • 2年間派遣で働いたが契約期間中なのにコロナで切られた。
  • タクシー運転手をしているが、週1回の勤務に変更され休業手当は無い。
  • 家賃を払えず、追い出された。所持金は数百円しかない。
  • 40年スナックを経営、四月の売り上げが6千円。

このままでは近い将来、多くの人々が失業、廃業に追い込まれ、生活の基盤がなくなり、野垂れ死ぬ可能性があります。コロナ恐慌です。

これを止める方法は至ってシンプル。「金を刷れ。皆に配れ」 です。新規国債発行で全ての人々を救う。真水100兆円。それだけでは足りない。その後、追加でもう100兆円必要です。

医療従事者、保育、介護、食品の生産、加工、輸送、販売など休めない職種には最低でも国からの危険手当、一日に2万4千円は必要です。

どの会社も潰さない、どの労働者も失業させない、誰の命も落とさせない。

「金を刷れ。皆に配れ」 です。

詳しくはれいわ新選組 ホームページまで。

こちらの画像のシェア、大歓迎!
yamamoto taro message



paul83 at 15:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 山本太郎 | 社会問題

自粛警察とパチンコ店叩き


jishukukeisatsu04
jishukukeisatsu03
jishukukeisatsu02
jishukukeisatsu01

日テレNEWS24
によると、営業自粛していないお店に対して、抗議の貼紙や、落書き、迷惑電話などの行為が目立ってきているそうだ。

ニュース映像では、昼間のランチ営業はしながら、夜は自粛ルールを守って8時までのテイクアウトだけで営業している居酒屋、観客なしで音楽の配信だけを行ったライブハウス、子供たちのためにと休業していた駄菓子屋が、心無い中傷の貼紙や落書きの被害に遭ったことが紹介され、このような行為をした者達を「自粛警察」と呼んでいる。

新型コロナウイルス感染症 が世界でパンデミック状況になり、大勢が感染し、死亡者の数も大きくなっている中、日本では「自粛要請」といいう名の「自粛強制」も同時にパンデミック状況になっている。

政府による全国的な非常事態宣言により、ウイルスの感染拡大を防ぐために「不要不急」の外出を自粛するように要請されている中で、そのルールを守って営業しているにもかかわらず、その店に対して誹謗中傷する人が出てきているのは嘆かわしいことだ。

店舗の経営者はお店を休んだら収入が無くなり、生活できなくなる。店舗の家賃や、水道光熱費、社会保険料、などなど固定費は店を営業しなくてもかかり続ける。従業員も同様である。経営者は、借金をどんどん増やしていくか、生きることを放棄するかの二者択一を迫られる。

このような庶民に対して政府がしてくれる援助は、布マスク2枚、一人当たり10万円の現金給付、あとは、条件付の無利子融資だけである。10万円給付はあと2回くらい増えそうなので、少しはマシだか、お店にとっては焼け石に水だし、融資の条件が厳しかったり、必要書類の準備に手間取ったりで、申請も難しい。さらには、マスクも現金もいつ手元に入ってくるのかわからない状況。このような状況でお店を営業するなというのは、殺人と同じではないか!

このような風潮を助長したのは、大阪府の吉村知事による、休業しないパチンコ店の名指し非難と、それに端を発する全国的なパチンコ店叩きだと思う。

パチンコという業種自体は見方によれば違法ギャンブルで、多くの依存症患者を生み出すと同時に、彼らから大きな利益を得ているので、社会にとってはよくないし、なくなった方がいいと僕は思っている。しかし、それならば平時においてそのようなパチンコ反対運動なり、デモなり、署名なりを行ってパチンコ禁止にすればいい。少なくとも緊急事態宣言の状況にある今は、合法的に経営をしているのだから、平時には放置しておきながらこの苦しい時期に叩くものではないと思う。

このニュースで報じられたいやがらせは、このパチンコ店叩きから始まったと言えるだろう。

しかし、このような「自粛警察」行為を行う人の心はどんなものだろうか?自分が同じことをやられたら平気でいられるのだろうか?正義の味方になったつもりなのだろうか?こんな人たちがたくさんいるから、安倍政権のような人でなし政府が7年以上も続いてきたのではないのだろうか。(まるで関東大震災の後の朝鮮人虐殺みたいだ)

「自粛警察」気取りの皆さんに言いたいことは、これだ。

その、あなたの「正義感」を隣人に向けるな!隣人とは力を合わせろ!そして立ち向かうべきは日本政府だろう!君たちはお上にへつらい、弱者を痛めつける卑怯者だ! 庶民同士で苦しめ合ったら、喜ぶのは権力者たちなんだよ!

まったく、「自粛警察」こそ不要不急の外出してるじゃないか!

ちなみに、この記事日テレNEWS24の記事を転載したヤフー・ニュース。興味深いコメントが多数。



こちらの動画がとても参考になります!おすすめ!



paul83 at 10:59|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 社会問題 | 政治

April 26, 2020

すべての政府は嘘をつく、メディアもね。

All Governments Lie title

すべての政府は嘘をつく/All Governments Lie という映画がある。オリバー・ストーン/Oliver Stone 監督の総指揮の下で製作され、2017年に発表されたドキュメンタリー映画。


この映画では、1920〜80年代にベトナム戦争をめぐる嘘などを次々と暴いて活躍した米国人ジャーナリスト、I.F.ストーン/I. F. Stone の信念「すべての政府は嘘をつく/All Governments Lie」をベースに、米国政府を中心に世界で堂々とつかれた嘘について紹介し、検証する。そして、メディアがどんな役割を果たしたかも。

いくつかのシーンの日本語吹き替えスクリプトとその映像をご紹介する。映像はツイートの最後のリンクをクリックすれば視聴できる。

 嘘をつくのは政治家の本質から当然である。




 メディアは政府と大企業の側なので、それに逆らう記者は出世できない。


政府は嘘でごまかすのは得意ではない。文書がカギ


どうだろう?僕はこの内容が今の日本にもピッタリ当てはまると思う。

こちらのアマゾン・プライム・ビデオでも視聴できる。






paul83 at 07:21|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 政治 | 映画

April 19, 2020

アベノウソ「日本の支援は世界で最も手厚い」

他国の支援状況、ほんとに知らないの、安倍首相?

新型コロナウイルス感染症が日本でもかなりなパンデミック(感染爆発)の様相を呈している。世界各国政府は、この感染症により被害を受ける国民たちにさまざまな支援を打ち出している。日本はようやく一人10万円の給付が決まったが、ここまでの道のりは長かった。日本政府は国民を見殺しにするのではないかと思えるほど、他国のような現金給付を渋ってきたのだ。また、経営危機に陥った企業に対しての休業補償については、中小零細企業にとっては、「つぶれてください」と言っているとしか思えない冷酷な、名ばかりの支援しか打ち出して来なかった。

それなのに、なんと、安倍首相はこう言い放った。
安倍首相 嘘
「休業に対して補償を行っている国は世界に例がなく、わが国の支援は世界で最も手厚い」

誰が信じる?安倍首相はこれまでも嘘に嘘を重ね、「私や妻が関係していたということになれば総理大臣も国会議員も辞めるということはハッキリと申し上げておきたい」と言いながら、未だに総理大臣の座に居座っている。居座っていることでこの言葉が嘘になっている。

今回のアベノウソは、針小棒大誇大広告の、悪徳商法的な嘘である。次の動画にて、日本と世界の休日補償の実態と、アベノウソの本質を語っているので、ぜひ見てほしい。



こちらの動画も面白い!


もっと詳しい記事はこちらからどうぞ!

これが、あの赤木さんを自死に追い込むきっかけとなった、アベノウソ






paul83 at 09:12|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 政治 | 社会問題

April 18, 2020

反緊縮 麻生財務大臣の豹変

10万円の一律給付が実現!

昨日、日本政府によって全国的な緊急事態宣言が行われ、ついに日本政府は新型コロナウイルスの経済対策として、一律の現金給付を決定した。これが実現するまで、共産党れいわ新選組山本太郎代表、オリーブの木黒川敦彦代表、三橋貴明さんや藤井聡さんなどの著名人や、自民党内でも安藤裕さんなど多くの人々がスピーディな現金給付が必要だと主張してきたし、国民も大きな声を上げてきた。それがようやく政府を動かした!国民が声を上げ続ければ政府も政策を変えるということを実証した、歴史的な出来事ではないだろうか。

これまで安倍首相は、麻生財務大臣財務省の意向を汲んで、一律現金給付に否定的な主張を、繰り返してきたが、その麻生財務大臣、実はかつてはこのような国家の財政出動を擁護する人だった。日本は自国通貨を発行できるから経済破綻は有り得ないと声高に叫んでいたのだ。
aso taro edit

この機会にれいわ新選組山本太郎代表が、動画でそのことを揶揄してくれた。最初の10分だけでも見る価値があると思う。後半はこれまで山本太郎代表が繰り返し解説してきたことを、新たに繰り返している。国の借金は政府の借金であって、政府の赤字は民間の黒字であるというお話などである。




この動画が、まさに麻生太郎が変節する前の、頼もしく偉そうな雄姿である。必見である。



日本国民が一人10万円もらえるようになったのはとてもおめでたい話であるが、今後いつまでこの新型コロナウイルスによる緊急事態が継続するかは誰にも予測できない中で、継続的な現金給付、損失補償と共に、さらには消費税の一時的な廃止、水道光熱費の免除、健康保険や年金の支払い免除などを求めて引き続き声を上げていくことが重要だと思う。

最後に、消費税アップに対して否定的なことを主張している麻生太郎氏の動画をご紹介しておきたい。しかし、こう言っていた麻生太郎氏が、どうしてここまでどケチ財務大臣に成り下がってしまったのか。この豹変の本当の原因は何なのか。何か深い闇が潜んでいる気がする。



paul83 at 05:17|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 山本太郎 | 政治

March 30, 2020

#赤木さんを忘れない

赤木俊夫さんの無念を晴らそう!

Mr Akagi
森友学園
の事件で、公文書改ざんという不正を命じられ、良心の呵責と責任追及される側に回された無念さで自殺した赤木俊夫氏。彼の奥さん、赤木夫人が国と佐川元理財局長を相手取り、損害賠償請求訴訟を提起した。赤木俊夫氏が残した手記の中にそれまで明かされなかった真実が克明に記されていた。 中でも、佐川理財局長(当時)の指示によって改ざんをしたということが書かれていた。

この手記を国会で問題にし、野党が森友問題の再調査を要求したが、安倍首相も麻生財務大臣も「再調査はしない」と突っぱねている。その理由は「新しい事実が書かれていない」ということだった。

一般の人から見たら、新事実がたくさんあるのに、彼らは新事実はないという。

なぜ再調査を拒否するのか? それはもちろん、自分たちに捜査の手が及ぶことを避けるためだと考えられる。赤木婦人は、「この2人は調査される側で、再調査しないと発言する立場にない」と強く反発した。これは、本来はメディアが主張しなければならないことなのだが…

そして、次の動画の中で、週刊文春に記事を書いた相澤冬樹氏(大阪日日新聞記者、元NHK)が独自の推測を述べている。

それは、安倍麻生たちは全部知っているから新事実はないと言っているのでは?ということ。

二年前に財務省自身が調査して発表した調査書にはほとんど誰の名前も出てこないし、内容も抽象的である。これは、元々は実名も行動も具体的に調査された調査書が作られたが、その内容が財務大臣に読まれて、彼の指示によりそこから名前や行動を削り取り、どんどん曖昧な記述に変えた結果であるのではないか。だから、提出された調査書の元の文書を見れば、再調査するまでもなく真相が分かるのではないか。ということである。

だとしたら、彼らにとっては「新事実はない」ということにはなるのである。

次の動画は、相澤冬樹 氏が1時間この問題について語る動画。ここでその言葉を直に聞くことができる。(その部分から再生)



この動画では、続いて、 #赤木さんを忘れない というハッシュタグを広めてほしいと言っている。内容は何でもいいから、このタグを付けてツイッターフェースブックの投稿をしてほしいと言うのだ。できる人はぜひご協力をお願いしたいと思う。

paul83 at 11:15|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 政治 | 社会問題

March 27, 2020

コロナ対策は徴収停止と現金給付のセットで!

コロナ対策は現金給付と支払い免除の両面から!

Taro Chart
今年は新型コロナウイルスの世界的な蔓延により、人々が集まったり、接触したりすることが制限され、仕事もできない状況に陥っている。 仕事をしないともちろん収入もなくなる。;

韓国、シンガポール、アメリカ、イギリスなどの先進諸国では損害補償と生活保障として政府から現金が給付されるという。

日本でも現金給付案が討議されたが、牛肉や旅行、飲食専門の商品券が検討され、最終的に現金給付は見送られたとのことだ。富裕層にも給付することが国民の理解を得られないから取り止めたということだ。その「国民」とは誰のことだ?

商品券なんぞ、牛肉業界とか、旅行業界の団体の会長を兼務している政治家が自分の都合で言い出しただけではないのか? すべての業界に影響があるのだから、すべてに使える現金がシンプルでベストだろう!

何よりも、生きていく上で不可欠な家賃と水道光熱費、義務的に取られる社会保障費をその商品券で払えるのか?まずは、これらの必要不可欠なものに払うコストを無料化することが現金給付以前に必要なことだろう。また、消費税も一時的に廃止すればいい。商品券は、現金給付に付随するサービスとしてなら考えられる。

このような、各自治体がこれらの徴収をやめることと、消費税をゼロにすることについて れいわ新選組山本太郎代表がネットでのライブ・おしゃべり会で語っている動画があるのでご紹介する。

こちらは、社会保障費と水道光熱費がどのくらいかかるのかという数字を出しながら、これらをすべて一時的に免除すべきだと主張している。商品券の問題点についても語っている。



こちらは、もう人々の命がかかっている非常事態なのだから、次の選挙がどうのこうの考える場合ではなく、消費税廃止に向けて、自民党の中から立ち上がれと訴えている。自民党の若い議員たちが、安藤裕議員を筆頭に消費税は廃止すべきだという主張をし始めたので、彼らと野党が力を合わせて実現しようと呼びかけている。


自民党安藤裕議員も、消費税減税と現金給付を主張している。


山本太郎映像の元動画



paul83 at 16:48|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 山本太郎 | 政治

March 26, 2020

今年高卒のエルちゃんの「存在意義」

来島エルの存在意義

kijima_eru
今年高校を卒業したばかりの 来島エルという女性歌手がいる。彼女は今、れいわ新選組大西つねき 氏の活動に参加し始めた。 講演会でも歌った。彼女はウクレレで弾き語る。かわいい顔には似合わない、力強いボーカルで聞く人を魅了する。なんといっても彼女の歌詞がすごい。まさに学校や家庭で虐げられる子供の気持ちを赤裸々につづっているのだ。




来島エル
ちゃんは先日、大西つねき 氏の動画に出演し、インタビューに答え、歌を二曲披露している。この記事ではそのうちの一曲、「存在意義」をご紹介する。


「存在意義」 作詞・作曲 エル

僕なんていなくていいんだ
代わりなんていくらでもいるのさ
ここにいてもどうにもならないし
僕の席にはもう誰かが座ってる

僕の友達は僕の代わりを見つけて
駄弁ってる、駄弁ってる、しゃべってる
そんな軽い関係だとは思ってもなかった
ここから僕が消えたところで
出席番号がずれるだけ

僕が歌ったところで花しか聞いてくれないし
僕が泣いたところで天気だけが変わってく

僕なんていなくていいんだ
代わりなんていくらでもいるのさ
ここにいてもどうにもならないし
僕の席にはもう誰かが座ってる
座ってる

この教室に僕はいなくたっていいし
なのに、なんで僕は生きてんだろう
この世界にいなくたっていいのに

僕が死んだところで誰も泣いてはくれないし
死んだら歌えなくなっちゃうから
だから生きなきゃいけんの

僕の曲はどう聞こえてんのかな
誰かの心に残るかな
僕は今も、今も、生きていていいのかな

僕なんていなくていいんだ
代わりなんていくらでもいるのさ
ここにいてもどうにもならないし
僕の席にはもう誰かが座ってる

いかがだろうか? 大西つねき 氏は れいわ新選組 オリジナルメンバーでありながら、自身の党、フェア党の党首でもある。フェア党への寄付で、エルちゃんのフェア党イベント出演への寄付を受け付けるという。エルちゃん用、とコメントを付ければ寄付ができる。ぜひこちらから寄付をしてほしい。



paul83 at 16:42|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 音楽 | 社会問題